« チェックディスクを実施 | トップページ | 倒産から8年… »

2010年6月22日 (火)

京橋花月がリニューアル

2008年11月より大阪市都島区にて営業している吉本興業の劇場「京橋花月」が、来月よりプログラムをリニューアルします。
これまでは通常公演(漫才・落語・吉本新喜劇全て含む)と夜の公演("よる芝居"もしくは"京橋プレミアLIVE")というプログラムになっていました。
7月からは「特選花月」(漫才・落語のみ、Ⅰ・Ⅱ部制)、「吉本新喜劇」(文字通り新喜劇のみ)、「ワンコインライブ」(若手中心)、「1H LIVE」(こちらも若手中心)、「京橋プレミアLIVE」(特別公演)と大きくわかれることになります。観客の入れ替えが多くなるわけですから、劇場スタッフは大変だろうなぁ。

今回のリニューアルですが、おそらくテコ入れではないかと思います。というのも通常公演の観客数はどう見ても満員ではありません。先月のGW中に行った時ですら、後ろの席はがら空きでした。
この状況を打破するためにプログラムを大幅に変えたのかな?と推測してます。

個人的に漫才も新喜劇も両方観たいので、今後は京橋花月に足を運ぶことは少なくなりそうです。もう一つの劇場、なんばグランド花月は両方とも一度に観れますから、そちらに行くことになるのは当然と言えます。

リニューアルについての詳細は以下のURLを参照ください。
http://www.yoshimoto.co.jp/kyobashi/daytime/index.html#kyobashi_sche

|

« チェックディスクを実施 | トップページ | 倒産から8年… »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

不景気の影響もあるし、場所がイマイチなのも少しあるような。。。

投稿: ひで | 2010年6月24日 (木) 00時00分

>ひでさん
確かに場所はイマイチですね。
劇場そのものは悪くないんですが…。

「神戸花月」ができるのも時間の問題?

投稿: てつ | 2010年6月24日 (木) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェックディスクを実施 | トップページ | 倒産から8年… »