« お世話になってる薬のCM | トップページ | また今年もドライミストが活躍 »

2010年7月 5日 (月)

実況パワープロレスリング'96

今や完全にテレビゲームから卒業してしまいましたが、かつては熱狂していた時代がありました。
そして、プロレスに熱中していた頃はプロレスゲームで遊んでいました。実在するプロレス団体公認のゲームもあれば、完全にオリジナルとして作られたゲームもありました。
そんな中、「どうせなら遊んでおけばよかった」と悔やんでいるゲームソフトがあります。それが1996年にコナミより発売されたスーパーファミコン用ソフト『実況パワープロレスリング'96』です。
コナミといえば、スポーツゲームに『実況』と題したソフトを看板商品としています。主に野球とサッカーが中心となってますが、実はプロレスもその中にあったんですねー。
発売された96年当時、すでにスーパーファミコンは末期となっていたため、このソフトはあまり売れなかったようです。実際、私自身がこのゲームの存在を知ったのはかなり後になってからでした。
知名度は低いものの、登場する選手の数および試合で使う技の数が豊富であること、また試合形式が凝っていることなど、クオリティはかなり高い方に入るはずです。残念ながらゲームそのものをプレイしたことがないので、何とも言えませんが、ゲームの動画を見てみるとそのように感じます。
そしてこのゲーム最大のセールスポイントは、実況がプロレスファンお馴染みの辻義就(現・よしなり)アナウンサーであることです。テレビ朝日『ワールドプロレスリング』にて数々の名実況を生みだしたこの人ならではの、熱い実況が魅力です。
早くも火花が飛び散っています!」、「これでもか!」、「これはたまりません!」、「気合十分です!」といったフレーズを聴きながら、プレイしてると絶対に燃えますねhappy01

実際のゲーム動画は下記をご覧ください。

本当にプレイできなかったことが悔やまれますが、今更言っても仕方ないので、動画で我慢することとします!

|

« お世話になってる薬のCM | トップページ | また今年もドライミストが活躍 »

「ゲーム」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お世話になってる薬のCM | トップページ | また今年もドライミストが活躍 »