« 待望の第三弾『高校与太郎挽歌編』 | トップページ | こども支配人 »

2010年7月12日 (月)

落選続出だったタレント候補たち

昨日行われた参院選。
今回はどこの政党も芸能人やスポーツ選手といった、いわゆる「タレント候補」を多数擁立しておりました。
その中で見事当選を果たしたのは谷亮子(柔道家)、三原じゅん子(女優)、石井浩郎(元プロ野球選手)ぐらいで、大半は落選したはずです。以下にその一部を書き記します。

・桂きん枝(落語家)
・中畑清(元プロ野球選手)
・堀内恒夫(元プロ野球選手)
・原田大二郎(俳優)
・池谷幸雄(元体操選手、タレント)
・真山勇一(キャスター)
・西村修(プロレスラー)
・神取忍(プロレスラー)
・長塚智広(競輪選手)

また元議員だった人たちの落選も目立ちました。杉村太蔵や江本孟紀らが(失礼ですが)その代表格と言えるでしょうか。元横浜市長の中田宏が落選したのは、意外かな?と思いましたね。
一方で前回の選挙で涙をのんだ小泉チルドレンの何人か(片山さつき、佐藤ゆかりなど)が見事返り咲きを果たしています。非常に明暗がはっきりしたかのような参院選でしたねぇ。

さて、この参院選は今後の日本の政治経済にどう影響するのでしょうか。要注目ですね。

今回の参院選の詳細については以下のHPをご覧ください。
http://www2.asahi.com/senkyo2010/

※本文中敬称略

|

« 待望の第三弾『高校与太郎挽歌編』 | トップページ | こども支配人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政党名を書く代わりに本人氏名を書いても票が入るそうです。参議院選挙に有名人が多い理由はそこか。。。

投稿: ひで | 2010年7月15日 (木) 08時10分

>ひでさん
タレント候補は結局、ただの飾りなんですかね…。
トップ当選した例のスポーツ選手は、ぜひとも現役を引退してほしいと思います!

投稿: てつ | 2010年7月15日 (木) 22時28分

日本は一芸に秀でた人は多芸に秀でていると勘違い?する風潮があります。
こういう有名人の政界進出にはそういう観点もあるかと。

投稿: ひで | 2010年7月18日 (日) 12時04分

>ひでさん
それは言えてますね。
ちょっと観点を変えないといけないなぁ。

投稿: てつ | 2010年7月18日 (日) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 待望の第三弾『高校与太郎挽歌編』 | トップページ | こども支配人 »