« 発泡酒を飲みたくなるCM | トップページ | TUBE名曲集 »

2010年7月29日 (木)

これまで読んだ「知的生きかた文庫」

三笠書房より毎月刊行されている「知的生きかた文庫」。主にビジネスや自己啓発の本が主流となっており、文庫書き下ろしの本も数多いです。
普段は小説ばかり読んでる私ですが、こちらの文庫も10冊程度読ませていただきました。小説とは違う面白さがありましたねぇ。何より色々勉強できるのがGood!です。
以下、その一部を紹介します。ただし、全て絶版となってしまってるようなので、これらの本を読みたい方は古本屋などでお探しください。

今からすぐできるブロードバンド
富士通ラーニングメディア編(2001年刊行)
タイトル通り、ブロードバンドについて詳しく解説した本。ブロードバンドの始め方、ブロードバンドにするメリットなどが詳細に書かれており、当時はまだブロードバンドを導入していなかった私にとっては、かなり勉強になりました。
もっとも現代では、もはやこの本の存在意義は完全にないでしょう。これだけネット全盛の時代になってしまっているのだから…。

気がきく社員50のルール
今井繁之著(2004年刊行)
これは初めて買ったビジネス書だったと思います。色々な事例を元に気の遣い方を解説しています。これで勉強したはずなのですが、未だに十分な気の遣い方ができておりません…。まだまだ修行が足りないようですweep
すでにこの本は絶版ですが、他にも今井氏が書いたビジネス書が多数あるようなので、その中でよさそうな本があれば読んでみようと思います。

野村克也「頭の使い方」
永谷脩著(2006年刊行)

知的生きかた文庫の中では、異色のスポーツをテーマとした本です。野村克也氏がいかにして名将と呼ばれるようになったのか、この本を読めば自ずとその理由がわかると思います。
主にヤクルト監督時代のエピソードが書かれています。「なるほど、晩年Bクラスのヤクルトをノムさんはこんな感じに変えたのか」と納得しましたね。絶版となってしまったのが非常に惜しい一冊です。

小説「武士道」 七人のサムライの鮮烈な生き方
縄田一男編(2008年刊行)


時代小説の傑作短編を収録したオムニバス本です。題名の通り、侍の生き様がひしひしと伝わってきます。
こちらもまた「知的生きかた文庫」の中では、異色の本になるでしょう。「知的生きかた文庫」で小説を収録したものはまずありえないので。
これも絶版ですが、まだ2年前に刊行されたものなので、書店を根気よく探せば見つかるかもしれません。

最近は「知的生きかた文庫」から完全に遠ざかっていますが、また面白い本があったらぜひ読みたいです!

|

« 発泡酒を飲みたくなるCM | トップページ | TUBE名曲集 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

禅の言葉をまとめた本を買ったことがあります。
出版社を見ると三笠書房の知的生き方文庫ですね。

投稿: ひで | 2010年8月 2日 (月) 08時08分

>ひでさん
こちらの文庫は、ビジネス書と自己啓発本の宝庫ですね。ただ、ジャンルの関係からか、すぐ絶版になってしまう傾向が強いようですが…。

投稿: てつ | 2010年8月 2日 (月) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発泡酒を飲みたくなるCM | トップページ | TUBE名曲集 »