« ドリフ関連の書籍 | トップページ | またスリム版が出る『相棒』 »

2010年8月23日 (月)

「森田展義アワー みんなのしんきげき」

昨夜、京橋花月にて鑑賞した「森田展義アワー みんなのしんきげき」。吉本新喜劇の若手座員たちの奮闘ぶりをたっぷりと味わってきました。
座長の森田展義さんを始め、若手達の熱演に心から拍手を贈ります。本当に面白い舞台で、腹の底から笑ってしまいました。森田さんと酒井藍さんのコンビ(舞台上では夫婦役)は最高でしたね。藍さんの独特のノリツッコミがGood!です。
この舞台のストーリーを大まかに書くと「うどん屋に泥棒夫婦(森田&酒井)が忍び込み、大金を銀行から引き落としたうどん屋の店主(島田一の介)から何とか大金を巻き上げようと奮闘する」というものです。前述の森田&酒井夫婦以外にも、警察官夫婦(ともえ&レイチェル)や、声が甲高いコンビ(清水智之&いちじまたいき)など、個性的なコンビが多数登場し、舞台を彩っておりました。いやぁ、本当に面白かったですhappy01
何と言っても大好きな一の介さんがゲストだったのが嬉しかったですね。お馴染の田中角栄・真紀子父子のモノマネや、「はらたつのり~」のダジャレで客席を沸かせておられていたのが印象的でした。

このイベントに行けて本当によかったです。
ちょうど半年前に同じく新喜劇の若手である平山昌雄さんの単独イベントを観に行きました。そこで観た舞台も面白かったので、「今後は新喜劇の若手のイベントも観て行こう」と思いました。
さて、次はどの若手がメインのイベントを観に行こうか…。

何はともあれ、森田さんを始め出演者の方々、本当にお疲れさまでした!

|

« ドリフ関連の書籍 | トップページ | またスリム版が出る『相棒』 »

お笑い」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドリフ関連の書籍 | トップページ | またスリム版が出る『相棒』 »