« 爽快感重視? | トップページ | 右脳ショック »

2010年8月 2日 (月)

思い出の野球漫画『かっとばせ!キヨハラくん』

定番のブログネタです。今回のテーマはこちら。

ブログネタ: 野球マンガといえば?参加数拍手

ほとんどの方は『タッチ』や『ドカベン』を挙げるでしょうが、私はあえて誰も選ばないであろう野球漫画を挙げようと思います。その漫画とはかつてコロコロコミックに連載されていた『かっとばせ!キヨハラくん』(作者:河合じゅんじ)です。
タイトルから分かるように清原和博をモデルとした主人公・キヨハラの活躍を描く漫画ですが、ギャグ満載の展開となっています。主人公のキヨハラはとにかく大ボケばかりです。そのため、チームに迷惑をかけることもしばしば。そのたびに、モリ監督(モデル:森祇晶)にどつかれてしまいます。
そしてもう一人の主人公がクワタ(モデル:桑田真澄)です。クワタの特徴はイタズラ好きです。イタズラの一番の被害者はキヨハラですが、時には自分のチームの監督や選手までにもイタズラを仕掛けます。とりわけ自分が試合に出場したいばかりに、自チームの投手陣を動けないようにした(セメントで固めて動けなくするなど)のが印象的でしたね。

この漫画における登場人物はいずれも実在の野球選手がモデルとなっており、日本人は全て実名(カタカナで表記)で登場します。ただし、外国人選手は名前をひねったものとなっています。チーム名も同様でした。

『かっとばせ!キヨハラくん』は1987年から7年間連載されました。作者の河合氏はその後、松井秀喜を主人公とした『ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん』を同じくコロコロコミックに9年間連載、そして再び清原を主人公とした『モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん』をやはりコロコロに2年間連載しました。
15年以上に渡って野球漫画を執筆し続けてきたわけですが、現在はこのジャンルから手を引いているそうです。これらの漫画もぜひコンビニコミックにしてほしいのですが、野球漫画である関係からその当時の時事ネタが多いので、多分無理っぽそうだなぁ。

私が『かっとばせ!キヨハラくん』に初めて触れたのは小学校5年の時です。連載終了まで読んでました。単行本も何冊か入手しました。
その続編である『マツイくん』もしばらくの間読んでいたのですが、コロコロを買わなくなってしまった関係から自然と遠ざかりました。よって、『モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん』の存在はつい最近まで知りませんでした。まさかそんな漫画があったとはねぇ…。

『かっとばせ!キヨハラくん』をまたいつの日か読みたいと思います。

|

« 爽快感重視? | トップページ | 右脳ショック »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですw
取れネード打法とか思い出しました。

投稿: きゃず | 2010年8月 4日 (水) 18時04分

>きゃずさん
初めまして。
取れネード打法は、ノモ攻略のための作戦でしたねsmile
他にも色々奇抜な作戦があったような…。

投稿: てつ | 2010年8月 4日 (水) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爽快感重視? | トップページ | 右脳ショック »