« 『水曜シアター9』終了 | トップページ | 理髪館なんば本店 »

2010年9月11日 (土)

CD鑑賞記 ザ・マスターズ・オブ・ストラトキャスター/オムニバス

全世界で愛用されているギターといえば、フェンダー社のストラトキャスターが挙げられます。1954年に発売されてから、今日に至るまで多くの人を魅了してきました。
そのストラトキャスターの生誕50周年を記念して発売されたのが今回紹介する『ザ・マスターズ・オブ・ストラトキャスター』(2004年発売)です。日本を代表する名ギタリスト達の名演をたっぷり堪能することができます。
PINK CLOUDの「ALL MY LOVE」を筆頭に、鈴木茂「砂の女」、大村憲司「Georgia On My Mind」、柳ジョージ&レイニー・ウッド「雨に泣いてる」、四人囃子「一触即発」などが収録されていますが、個人的に好きなのは二曲目に収録されている森園勝敏の「SPIRITUAL RED BOOGIE」です。デジタル・ロックを取り入れたフュージョンで、伸び伸びと気持ちの良いギター演奏を聴かせてくれます。後にこのアルバムを買った影響で、森園のベストアルバムも購入したぐらいです。初めて「SPIRITUAL RED BOOGIE」を聴いた時は、「こんな素晴らしいギタリストが居たとは」と驚きました。

なお、『ザ・マスターズ・オブ・ストラトキャスター』は邦楽編と洋楽編の二枚が発売されており、本作は邦楽編となります。洋楽編にはディープ・パープルやエリック・クラプトンなどが収録されています。機会があれば、こちらも聴いてみたいですね。

余談をひとつ。
本作の発売元であるビクターエンタテインメントは本当に良質なオムニバスを出してくれるなぁと、いつも思っております。ぜひ他のメーカーも見習ってほしいものです!

|

« 『水曜シアター9』終了 | トップページ | 理髪館なんば本店 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『水曜シアター9』終了 | トップページ | 理髪館なんば本店 »