« 地デジ化の弊害 | トップページ | 浅香あき恵さんのお誕生日 »

2010年10月22日 (金)

全国の学校で歌い継がれる名曲

1992年4月から2001年3月まで、NHK総合で放送された『生きもの地球紀行』。
世界中の海・山・大草原での魚・動物・昆虫たちの生命の営みを紹介していく紀行番組です。
映像、音楽、ナレーションどれも質が高く、その故に多くの視聴者の心をつかみ、9年間に渡って放送された長寿番組でした。
この番組の音楽を担当したのは作曲家の杉本竜一。番組に提供した曲は全て秀逸ですが、中でもエンディング・テーマは、番組終了からすでに10年近く経っているにも関わらず、現在も全国の学校(小中高)で歌い継がれています(元は合唱用の歌ではないのですが、それを合唱用にアレンジしたものが歌われているのです)。
エンディング・テーマは3代あります。以下その動画です。

初代「Tomorrow」


二代「この星に生まれて」


三代「BELIEVE」


私も中学校時代に「Tomorrow」を音楽の時間に歌った記憶があります。初めて歌った時、「あ、これはNHKの番組のテーマ曲だ」と即座に分かりましたね。
それにしても、三曲とも全国の学校で歌われているというのが凄いですね。二代目以降はわかりませんが、少なくとも初代の時は学校で歌われるのを前提に作曲していないはずです。作曲者はまさかこのような形で歌い継がれていくとは、思いもよらずだったでしょうねぇ。

前述のようにこの番組は長寿番組でした。そのため、番組内容を収めたビデオやDVDのほか、エンディング・テーマを含む番組で使用された音楽を集めたサントラ盤も発売されました。が、そのほとんどはすでに廃盤となっているようです。

今、またこの番組を観るためには再放送を気長に待つしかないですね…。

|

« 地デジ化の弊害 | トップページ | 浅香あき恵さんのお誕生日 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地デジ化の弊害 | トップページ | 浅香あき恵さんのお誕生日 »