« 【CM】サンホームビデオ | トップページ | 祝『シュレック3』地上波初放送 »

2010年12月 9日 (木)

【昭和事件史】フライデー襲撃事件

今から24年前(1986年)の今日、一つの大事件が発生しました。
東京・文京区の講談社に大物芸人が弟子達と共に襲撃、同社の写真週刊誌『フライデー』の編集員たちに暴行を加えたのです。結果、芸人と弟子達は暴行罪・器物損壊罪・住居侵入罪で現行犯逮捕されました。
逮捕された大物芸人とは、あのビートたけし。そして弟子達とは「たけし軍団」です。
なぜたけし達は講談社を襲撃したのか。それは当時、たけしに愛人がおり、その愛人に『フライデー』が執拗に取材を続けていたのが原因です。これにたけしが講談社に抗議したのですが、同社はのらりくらりとかわしたために、激怒したたけしが「今から行ってやろうか」と通告。そして襲撃へと発展したのでした。
午前3時、講談社へ到着した一行はそのまま『フライデー』編集部へ直行。たけしが「担当者を出せ」と迫った後、どちらからともなくもみ合いになりました。たけし達は「刑務所へ行く覚悟だ」などと叫びながら、編集員を殴りつけ、傘や消火器を振り回して大暴れしました。やがて通報を受けた警察官に取り押さえられ、その場で現行犯逮捕されました。
これが俗に言う『フライデー襲撃事件』の顛末です。

当時、私はまだ幼かったので事件の記憶は全くありませんが、その頃放送されていた『風雲たけし城』(TBS系)にたけしの着ぐるみが出ていたことだけは覚えています。
後年、フライデー襲撃事件の詳細を知って、「それで着ぐるみが出ていたのか(つまりたけしは謹慎中で出られなかった)」と納得しましたね。

この事件の影響の一つにたけしが著書を講談社から出していないことが挙げられます。たけしは作家としても著名で、数多くの著書を出版してますが、講談社からは全く出版していません(ただし、フライデー襲撃事件以前は出版しています)。

調べてみると、本当に大事件だったんだなとつくづく思います。
結果論としてはどちらにも問題があったわけですが…。妻子がありながら愛人を作ったたけし、そして執拗に取材を続けたフライデー、どう見てもどちらにも問題がありますよね。
このような事件は二度と起きてほしくないと心から思います。

|

« 【CM】サンホームビデオ | トップページ | 祝『シュレック3』地上波初放送 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【CM】サンホームビデオ | トップページ | 祝『シュレック3』地上波初放送 »