« 映画『相棒-劇場版II-』鑑賞会 | トップページ | 第15弾『高校与太郎一天地六』編 »

2011年1月 9日 (日)

ハード・トゥ・キル

昨日に続いて、今日も映画を鑑賞しました。といっても、今日は映画館ではなく、自宅でDVDにての鑑賞でちょっと侘しさを感じましたcoldsweats01
観た映画は1990年公開の『ハード・トゥ・キル』。スティーブン・セガール主演のアクション映画です。
あらすじは以下の通りです。

政界腐敗事件を追ううちに、巨大な組織の手によって妻子を殺され、自らも重傷を負い昏睡状態に落ちたロス市警の刑事メイソン・ストーム(スティーヴン・セガール)。7年の眠りから覚めた時、目の前にあったのはその間献身的な介護を続けてきた看護婦、アンディ・スチュアート(ケリー・ルブロック)の顔だった。いつしか恋心を抱くアンディだったが、ストームは失われた7年間を取り戻し、襲撃者を割り出そうとしていた。

昏睡状態になってから、7年後に意識を取り戻したというのがまさに映画ならではの展開ですねsmile
セガールの映画とあって当然のようにアクションシーンが満載です。序盤からコンビニ強盗を一斉に蹴散らし、終盤においてもこれまで散々自分を苦しめてきた組織の幹部たちを一網打尽にしています。まぁ、このような展開はセガールの映画では、ある意味定番ともいえるのですが。
テンポがとてもよく、ストーリーもわかりやすいので、まずストレスが溜まらない映画といえるでしょうね。逆にストレス解消にもってこいの映画かも?

DVDには日本語吹き替えが収録されていますが、セガールを吹き替えているのがなんとあの宇崎竜童という、とても意外なキャスティングとなっています。
世間一般では役者というよりも音楽家としてのイメージが強いですが、役者としても活躍している宇崎。これまでにも多くの映画や舞台に出演していますが、声優としての出演は今のところこの映画だけみたいです。なぜ彼がセガールの吹き替えに選ばれたのかは不明です。
ヒロインであるアンディの吹き替えは、名女優・戸田恵子です。宇崎と戸田という異色な組み合わせの吹き替えが楽しめるという点も、特筆すべき事柄でしょうね。

今日も面白い映画を堪能できました。大満足の日曜日ですhappy01

|

« 映画『相棒-劇場版II-』鑑賞会 | トップページ | 第15弾『高校与太郎一天地六』編 »

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『相棒-劇場版II-』鑑賞会 | トップページ | 第15弾『高校与太郎一天地六』編 »