« CD鑑賞記 CASIOPEA”SINGLE”COLLECTION/カシオペア | トップページ | シェーバー外刃交換 »

2011年4月16日 (土)

桜の通り抜け・2011/映画『ガリバー旅行記』

2年ぶりに造幣局(大阪市北区)の桜の通り抜けに行ってきました。
晴天の中、いっぱいの桜を観賞しました。以下、撮影した写真です。

 004 006 008
 010 009 011

ご覧の通り、色とりどりの桜を満喫してきました。
昨年は諸事情で行けなかっただけに、今年の満足感はこれまでよりも高いものとなりましたhappy01

↓すぐそばの旧淀川では、市長杯レガッタが行われておりました。
        001 002

↓通り抜け会場の旧淀川沿いには様々な露店が立ち並んでいます。その最中、レイ・チャールズのロボットも発見したので、こちらもパチリ。
        005 003

それにしても、なぜここにロボットがあるのでしょうか?真相が気になる…。

通り抜け後、TOHOシネマズなんばに移動し、昨日より公開が始まった『ガリバー旅行記』を鑑賞しました。
あらすじは以下の通りです。

新聞社で郵便仕分けの仕事をしながらジャーナリストを目指すガリバー(ジャック・ブラック)は、謎のバミューダ三角地帯を取材するチャンスをつかむ。取材のため、航海の旅へと出たガリバーだったが、大海原で嵐に見舞われ、気が付くと小人が暮らす国、リリパット王国にたどり着いていた。
(Yahoo!映画より抜粋)

あらすじから想像できるように、この映画のジャンルはファンタジーです。
小人の世界に足を踏み入れるという展開からして、まさに「ファンタジー」ですね。
ガリバーと小人の関係の変化、そして小人たちの世界で起きている事柄、いずれも緻密に描かれており、とてもわかりやすいストーリーでした。
最新のVFXを駆使した映像も素晴らしかったです。
一番印象に残ったのはガリバーが敵国(リリパット王国の敵)と対決するシーンでしょうか。ガリバーが自身の太った体型を利用して、敵国の銃弾を一瞬にして跳ね返すシーンは爽快でしたねsmile

通り抜け、映画ともに、またもひでき氏に同行していただきました。
通り抜けにつきましては、ひでき氏のブログの方がより詳細にレポートされてますので、そちらも合わせてご覧ください。

ひでき氏のブログ:
http://blog.livedoor.jp/lvhideki/

ひでさん、今日もありがとうございました!
次回もよろしくお願いします。

|

« CD鑑賞記 CASIOPEA”SINGLE”COLLECTION/カシオペア | トップページ | シェーバー外刃交換 »

写真日記」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事

コメント

桜も非常に綺麗で、また映画も素晴らしい心温まる作品でした。
ひさしぶりにゆっくりしましたよ(*^-^)

投稿: ひで | 2011年4月16日 (土) 22時15分

>ひでさん
今日は映画だけでなく、桜も観れたので、より一層心の癒しとなりましたねhappy01
次回は演芸でストレスを解消しましょう。

投稿: てつ | 2011年4月16日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CD鑑賞記 CASIOPEA”SINGLE”COLLECTION/カシオペア | トップページ | シェーバー外刃交換 »