« あの事故から6年経過 | トップページ | 新たな漫才コンテスト »

2011年4月26日 (火)

昭和の次は『平成秘蔵名勝負列伝』

今年6月に発売予定のDVD-BOX『平成秘蔵名勝負烈伝』。
新日本プロレスにおける平成の秘蔵名勝負が30試合以上、ノーカット完全収録されています。
現時点で発表されている収録試合は「アントニオ猪木&藤波辰巳&長州力vsビッグバン・ベイダー&バズ・ソイヤー&ブラッド・レイガンズ」(1989年)、「マサ斎藤&橋本真也vsクラッシャー・バンバン・ビガロ&パニッシャー・ダイス・モーガン」(90年)、「蝶野正洋vsリック・ルード」(94年)など。確かにどれもが"秘蔵"と呼べる試合でしょう。なにしろ【全試合初DVD化】なのですから。
昨年9月には本作の前編ともいうべき『昭和秘蔵名勝負烈伝』が発売されています。つまり昭和の次は平成の秘蔵名勝負が蘇ったわけですね。
まさにファン必見のDVDです。

ただ、毎回書いてますが、この手のDVDが出るということはやはり最近のプロレスは面白くないのかなぁと思います。簡単に言えば、「最近の試合のDVDが売れないので、昔の試合に頼ってる」ということです。
残念ながら近年の選手でかつての闘魂三銃士(武藤敬司・蝶野正洋・橋本真也)のような、人気・実力・知名度全てを兼ね備えてる選手はほとんどいません。そろそろ闘魂三銃士のような次世代のスターレスラーが出てきてもよさそうな気がしますがね…。

ともあれ、プロレスがもう一度隆盛期となってほしいと心から願います。

|

« あの事故から6年経過 | トップページ | 新たな漫才コンテスト »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの事故から6年経過 | トップページ | 新たな漫才コンテスト »