« 通算5度目の住吉大社参拝 | トップページ | ようやく更新手続き完了 »

2011年4月30日 (土)

一日で三本鑑賞

昨日は住吉大社に行った後は、ずっと映画を観ていました。
といっても映画館に行ったのではなく、自宅で一人寂しい鑑賞でしたがcoldsweats01
以下、観た映画です。

難波金融伝ミナミの帝王劇場版partXVII「プライド」(2001年公開)

一般にVシネマというイメージが強い『ミナミの帝王』ですが、劇場版も多数制作されています。
本作は2001年12月に公開されました。元プロ野球選手で現在は少年野球チームの監督として活躍している中年男(演:刈谷俊介)が、チームに属する少年の父親の借金の肩代わりをした結果、騙されてしまうというストーリーです。そのため、愛娘との関係も悪化し、窮地にたたされます。それを主役の満田銀次郎(竹内力)が救うのです。
少年の父親役、つまり悪役を演じたのは09年に惜しまれつつ亡くなった山田辰夫。見事に悪役にはまっていました。こうして観てると、亡くなったのが早すぎるのがよくわかりますねぇ。
なお、この映画にも好きな芸人さんが出演されておられます。さらにはその人が歌うとても素晴らしいバラード曲が劇中で使われていたことに気付いてびっくりしました。その曲はもうCDとして入手できないので、違う意味で「貴重な映画」ということがわかりました。

JFK(1992年公開)

1963年11月22日にアメリカで起きたジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件を取り上げた現代史ミステリーです。この暗殺事件については、現在に至るまで様々な角度で検証されてますが、未だに真実は解明されていません。
こちらの映画では、暗殺事件が唯一法廷で検証された「クレイ・ショー裁判」をモデルとしています。この裁判の検事だったジム・ギャリソンをケビン・コスナーが演じています。
ケビンを始めとする出演者たちの熱演もさることながら、劇中にて流された「ザプルーダー・フィルム」が印象的でした。大統領の頭部に狙撃される場面は「衝撃的」としか言いようがなかったです…。
この暗殺事件を取り扱った映画は『JFK』以外にもいくつかあるようなので、それらも一度観てみたいと思います。

ルパン三世 DEAR OR ALIVE(1996年公開)



ご存じ、人気アニメの劇場版です。劇場版としては第6弾にあたり、また現時点での最後の劇場版ともなっています。
今回のルパン一味が狙うのは、ズフ共和国の国王が漂流島に隠したとされる財宝。しかし、その漂流島は驚異的な防御システムが張り巡らされており、ルパンでも太刀打ちできません。果たして、ルパン一味はこの防御システムを取り除き、財宝を奪うことはできるのでしょうか…。
当然のことながら、本作でもルパン一味を銭形警部が執拗に追い掛け回します。「とっつぁん、本当しつこいね~」の台詞がしつこさを物語っていますねsmile
この映画は、これまでに2回テレビ放送されてるのですが、きちんと最初から最後まで観たのは昨日が初めてでした。「やっぱりルパンは面白いねー」と改めて認識しました。
放送の最後で、「ルパン新作今秋放送」というお知らせがありました。「また新作が観れる!」と今からワクワクしていますhappy01

以上が観た映画でした。
上記に書いたように一日で三本観ました。ゴールデンウィーク終了までにあとどれぐらい観れるかなぁ。
案外、三本だけで終わったりしてsmile

|

« 通算5度目の住吉大社参拝 | トップページ | ようやく更新手続き完了 »

洋画」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

3本とも素晴らしいチョイスですね。
また映画のこと色々教えてください。
5月中旬と思いますが、「岳」見に行きませんか?

投稿: ひで | 2011年5月 1日 (日) 12時50分

>ひでさん
これでヤクザ映画ばかりだったら、とても素晴らしいチョイスにならなかったと思いますcoldsweats01
『岳』はこちらも興味津々なので、今月はこれで決まりですねhappy01

投稿: てつ | 2011年5月 1日 (日) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通算5度目の住吉大社参拝 | トップページ | ようやく更新手続き完了 »