« 4GBの時代へ | トップページ | 電車日記:阪堺電車上町線 »

2011年6月19日 (日)

『よいではないか9』鑑賞記

004
昨日、阿倍野区民センター大ホール↑(大阪市阿倍野区)で鑑賞した時代劇コメディ『よいではないか9』。
このお芝居を観るのはこれで5回目ですが、今回も大いに楽しませていただきました。
今回の演目は「水戸黄門」。旅の途中、世直しを行った水戸黄門ですが、実は偽物(この役を演じたのはいつもお世話になっている前田写楽さん)。後に本物の水戸黄門(こちらは池乃めだか師匠が演じました)と対峙し、騒動を巻き起こします。その最中、水戸黄門一味を壊滅させようと画策する悪者も現れ、さらに騒動がエスカレート。果たして無事騒動を鎮めることができるのでしょうか…。
コメディだけに随所に笑える場面が散りばめられておりますが、とりわけ笑ったのが偽のかげろうお銀を演じた楠本見江子さん。老体に鞭打って大暴れしておりましたhappy01その都度、ツッコミを入れる青野敏行さんも最高でしたねsmile
またシリアスな場面や迫力ある殺陣も素晴らしいの一言に尽きます。あっという間に二時間が経過しました。それだけ観る者を惹きつける要素が溢れているわけですね。
しかし、やはり今回の目玉はめだか師匠です。師匠のギャグには大笑いさせていただきましたし、またシリアスな場面ではしんみりさせていただきました。まさに大御所の貫録十分で、師匠が出演される場面はより一層舞台が引き締まった感がありましたねぇ。
というわけで今回も大満足でありました。エンドロールにて座長の岡田和幸さんが「もしかしたら年内に京橋花月で『よいではないか』をやるかもしれない」と話していたので、運がよければ年内にもう一度観ることができるかもしれません。大いに期待しております!

今回もひでき氏にご同行していただきました。感謝しております。
また次回もよろしくお願いいたします。

|

« 4GBの時代へ | トップページ | 電車日記:阪堺電車上町線 »

お笑い」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

よく練られたいいお話でした。
ニセと本物の黄門さん一行の対比が面白かったです。楠本さんは相変わらずお元気でなにより(笑)
京橋での公演?も楽しみにしたいと思いますヽ(´▽`)/

投稿: ひで | 2011年6月19日 (日) 15時41分

>ひでさん
本当にいいお芝居でしたねー。
楠本さんは次回も出られると思うので、また大暴れしていただきましょうhappy01

投稿: てつ | 2011年6月19日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4GBの時代へ | トップページ | 電車日記:阪堺電車上町線 »