« バラエティが多いなぁ | トップページ | CD鑑賞記 愛は地球を救う/大野雄二 »

2011年7月 8日 (金)

B級映画を楽しむ

先週の日曜日にコンビニでふと見つけた洋画のDVD二枚。
どちらもいわゆる「B級映画」で、大作ではありません。出演者はそれなりに名の知れた俳優ですが、映画そのものはほとんど知られておらず、また発売元の会社もマイナーです。ですが、内容を見て「結構面白そう」と思い、買ってみました。

一枚目は『チャック・ノリス in 地獄の銃弾』。1980年代に数々のヒット作を放ったチャック・ノリス主演のアクション映画です。

この映画は2005年に制作されました。この時点でノリスはもう65歳。さすがに全盛期のキレはないものの、お得意の空手アクションを存分に披露しています。
内容はノリス演じる元刑事が陰謀に巻き込まれた宝石商の老人を救うために奮闘するというもの。B級映画とはいえ、アクションシーンの迫力は満点で、予想以上に楽しめました。
これを機にノリスの全盛期の映画も観てみようと思っております。彼の作品はほとんど観てないので…。

二枚目は『アフガンナイツ』。アフガニスタンを舞台としたサバイバル映画で、2007年に制作されました。



DVDのジャケットには「緊迫のサバイバル・ミリタリー・アクション!」と書かれていますが、アクションシーンはほとんどなく、むしろホラー映画と言えるかもしれません。
内容は元軍人が依頼を受けてアフガニスタンに滞在する将軍を国外に逃がす最中、同行していた仲間が不審死を遂げ、さらに次々と仲間が死んでいくという、まさにホラー映画となっています。おかげで観終わった時は「どこがミリタリー・アクションなんだか…」と呆れました(事実、各種サイトにおけるこの映画のレビューはほとんど低評価です)。ただ、これまでこのような映画は観たことがなかったので、そういう部分では楽しめましたけどsmile
出演者は『シン・シティ』のマイケル・マドセン、『スーパーナチュラル』などの海外ドラマに多く客演しているスティーブ・ベーシックなど。これで内容がB級ではちょっともったいない気がしますねぇ。

二作とも価格は780円でした。この内容ならば、この価格で十分でしょうね。
ちなみに二作とも日本語吹き替え版が収録されているので、そちらで観ればまた違う面白さがあると思います。特に『地獄の銃弾』における吹き替えは、大好きなドラマ『プリズン・ブレイク』の吹き替えを担当した声優が3人も出演してるので、こりゃ期待できるなーと思ってます。どちらもまだ吹き替え版を観ていないので、これから観るのが楽しみですhappy01

|

« バラエティが多いなぁ | トップページ | CD鑑賞記 愛は地球を救う/大野雄二 »

洋画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
『チャック・ノリス in 地獄の銃弾』をセレクトするとはお眼が高い。
なかなか魅せてくれますよね。
当時、チャック・ノリスの久々の劇場作品でありながら、現在のところ最後の劇場主演作。
どうやら、来年公開の『エクスペンダブルズ2』にも出演が噂されています。

往年のチャック作品でしたら『野獣捜査線』をお勧めさせて下さい。
奇跡のような素晴らしい映画です。

『テキサスSWAT』『地獄のヒーロー2』『デルタ・フォース』などもそれぞれ違った持ち味で楽しめると思います。

あと上記の作品よりもスケールダウンしますが『地獄の銃弾』と同じディレクターによる『ザ・ファントム』という作品もあります。

そして〆に『サイドキックス』
さらに長く楽しむためいは8年間も渡って続いた人気作『炎のテキサスレンジャー』というTVシリーズもソフト化されています。

投稿: キミドリ | 2011年9月12日 (月) 00時42分

>キミドリさん
コメントありがとうございます。
実はこの映画を観てから、いくつかノリスの主演作を観てみました。どれも素晴らしいですね。もちろん『野獣捜査線』も観ましたよ。
『炎のテキサスレンジャー』ぜひ観たいです。観たら、こちらのブログに感想を書きます。
情報ありがとうございました。

投稿: てつ | 2011年9月12日 (月) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラエティが多いなぁ | トップページ | CD鑑賞記 愛は地球を救う/大野雄二 »