« キングコング対ゴジラ | トップページ | パソコン変遷 »

2011年8月18日 (木)

潜入捜査シリーズ

今月刊行された今野敏の『排除 潜入捜査』(実業之日本社文庫)を読み進めています。
マレーシアにて利権をむさぼる暴力団を壊滅すべく一人の男が立ち上がりました。元マル暴の刑事・佐伯涼です。
本作は彼を主人公とした『潜入捜査』シリーズの第二弾です。第一弾は今年2月に文庫本として刊行されており、そちらが非常に面白かったので第二弾の発売を知った時はとても喜びました。
で、本を入手したわけですが、楽しく読ませてもらってます。「このシリーズも最高だねー」と改めて今野敏の小説の魅力を再認識しております。

なお、今回の佐伯の敵は相当冷酷な男です。ためらいなく弱者を殺してしまう残忍極まりない男で、こいつと佐伯が対峙する場面はどんな展開になるでしょうか。
全く想像できません…。

それにしても今野敏は本当に素晴らしい作家ですね。これだけ質の高いエンターテインメント小説を書き続けられるとは、「凄い!」の一言に尽きます。
まだ彼の本を読んだことがない方は、ぜひ一度読んでみることをおすすめします。絶対満足できるはずです。

|

« キングコング対ゴジラ | トップページ | パソコン変遷 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キングコング対ゴジラ | トップページ | パソコン変遷 »