« 名物審判逝去 | トップページ | 潜入捜査シリーズ »

2011年8月17日 (水)

キングコング対ゴジラ

その昔、『ゴジラ』というファミコンゲームがありました。
一言で言えばアクションゲームで、ゴジラとモスラを操作し、キングキドラやメカゴジラらと戦うという内容でした。
このゲームをプレイして、『ゴジラ』に興味を持ち、映画版も観てみようと思いました。で、レンタルビデオ店で借りたのが『キングコング対ゴジラ』でした。
この映画は1962年に公開されました。今から49年前に公開された映画です。レンタルビデオ店で借りた時点でも相当昔の映画だったはずですが、なぜか気に入ってしまい、ビデオをダビングしてよく観ておりました。
これはもう20年以上前の話です。

つい数日前にふと『キングコング対ゴジラ』のことを思い出し、「そういえばあの映画のストーリーはどんなんだったっけ?」と思い、調べてみました。
ウィキペディアにストーリーの詳細が載っており、それを見て、「ああ、そんな内容だったなぁ」と再認識しました。全てをはっきりと覚えてないけど、キングコングとゴジラの戦闘シーンはとても迫力がありました。また高島忠夫を始めとする出演者も個性的でいい味出してました。
はっきり覚えてるのは製薬会社の部長の「キングコングがニコニコ笑ってるぞ」という名言(迷言?)です。「キングコングが笑いますか?」と半分呆れながら聞いた部下(高島)の表情がまた滑稽で面白かったんですよねぇ

大人になった今、もう一度この映画を観ると、おそらく昔とはまた違う観点で楽しむことができると思います。
幸いにDVD化されてるので、近いうちに観たいですねぇ。

最近は映画もドラマも海外ものばかり観ていて、日本の作品を観てないので、ちょっと飢えている状態です

|

« 名物審判逝去 | トップページ | 潜入捜査シリーズ »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名物審判逝去 | トップページ | 潜入捜査シリーズ »