« 今秋放送『幸福の黄色いハンカチ』 | トップページ | CD鑑賞記 ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック »

2011年9月 8日 (木)

武田修宏のスーパーカップサッカー

1993年にジャレコよりスーパーファミコン用ゲームソフトとして発売された『武田修宏のスーパーカップサッカー』。
当時、Jリーグのヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)に所属していた武田修宏が監修したサッカーゲームです。発売された93年はJリーグが開幕した年であり、その影響からか多数のサッカーゲームが発売されました。こちらのゲームソフトもその一つであります。
私自身も当時はサッカーゲームに夢中になっており、このソフトを買ったのは単純にゲーム雑誌で存在を知って「面白そう」と思ったからです。
正直、ゲームとしての評価は高くありませんが、個人的には一番はまったサッカーゲームだと思っています。

サッカーゲームとしては平凡な部類に入りますが、他のサッカーゲームにない独特の要素が魅力でした。例えばボールの色が変更できる点。これはなかなかない要素でしょうね。他にもファウルが発生すると、必ずイエローカードもしくはレッドカードが提示される点。ちょっとファウルに対して厳しいのですが、要はファウルをしなければよいということになりますよね。そう心がけてプレイすればいいのですsmile
そしてこのゲームで一番惹かれたのはリプレイ機能です。今でこそサッカーゲームにはリプレイ機能は当たり前のように搭載されてますが、当時はほとんど搭載されてませんでした。あってもゴールシーンだけです。
しかし、このゲームでは好きなところでリプレイすることが可能なのです。ゴールシーンでなくても、もう一度見たいプレイが発生した場合は即座にリプレイすることができます。これは本当に嬉しい機能でしたねぇ。
なお、監修者の武田は日本代表の選手として実名で登場しています(このゲームはワールドカップをモチーフとしているのか、登場チームは全て"国"となっています)。実名で登場するのは彼だけで、あとは全て架空の選手でした。

以下、実際のゲーム動画です。


久しぶりにこのゲームの動画を見て、熱中していた頃を思い出しましたねー。
もうプレイすることはできませんが、こうして動画を見ることができるだけでも感無量です。

現役引退後は元サッカー選手というよりも、おバカタレント(もしくは好色家)のイメージが強い武田ですが、過去にこんな一面もあったということをこの記事で知っていただけたら幸い(?)です。

|

« 今秋放送『幸福の黄色いハンカチ』 | トップページ | CD鑑賞記 ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック »

「ゲーム」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今秋放送『幸福の黄色いハンカチ』 | トップページ | CD鑑賞記 ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック »