« 刑事コロンボ傑作選 | トップページ | ステキな金縛り/よいではないか番外編 »

2011年11月11日 (金)

伝説の解散公演完全版

1981年12月19日の日本武道館公演をもって解散したロック・バンド、柳ジョージ&レイニー・ウッド。
こちらの解散公演の模様は後にライブアルバムとして発売されましたが、そこに収録されているのはごく一部だけでした。よって、ファンからは長年にわたって完全版の発売が熱望されておりました。
その思いがようやく実ることになりました。今年の12月19日、つまり解散公演からちょうど30年が経過した日に、『THE LAST TUNE ~『LIVE AT BUDOKAN』完全盤~』なる二枚組ライブアルバムが発売されます。全23曲が収録されており、うち13曲は本邦初公開となります。
初公開となるのは「FENCEの向こうのアメリカ」、「微笑の法則」といったレイニー・ウッドの代表曲と、「B-SIDE BLUES」、「A CHANGE IS GONNA COME」などの洋楽のカバーです。これらもすでに公開されている曲同様に、大熱演されているのでしょうねー。

今年10月にレイニー・ウッドのフロントマンである柳ジョージさんが亡くなり、ファンは悲しみに暮れていました。が、本アルバムの発売でその悲しみを少しながら紛らわせることができるかな?と思います。

本アルバムの発売元はインディーズ・レーベルのVivid Sound。現在、レイニー・ウッドのオリジナル・アルバムおよびライブ・アルバムは全てこちらのレーベルから発売されています。
完全版発売を実現してくれたVivid Soundに心より感謝いたします!

|

« 刑事コロンボ傑作選 | トップページ | ステキな金縛り/よいではないか番外編 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刑事コロンボ傑作選 | トップページ | ステキな金縛り/よいではないか番外編 »