« 伝説の解散公演完全版 | トップページ | 山田康雄の遺書 »

2011年11月12日 (土)

ステキな金縛り/よいではないか番外編

今日は映画とお芝居を楽しんできました。以下、その振り返りです。

今回選んだ映画は『ステキな金縛り』。三谷幸喜監督の最新作です。
あらすじは以下の通りです。

失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、ある殺人事件を担当することになる。被告人は犯行が行われたときに自分は金縛りにあっていたので、完ぺきなアリバイがあると自らの身の潔白を主張。エミはそのアリバイを実証するため、被告人の上に一晩中のしかかっていた幽霊の落ち武者、六兵衛(西田敏行)を証人として法廷に召喚させるが……。
(Yahoo!映画より抜粋)

幽霊に法廷で証言させるという、まさに映画ならではのストーリーです。
何とか幽霊の証言を周囲に信じさせようとする、エミの奮闘ぶりが見物。その甲斐あって(?)、当初は困惑していた周囲の面々の見方が変わっていきます。果たして裁判の行方は?その結末はぜひとも映画館で確かめてください。

三谷作品の特徴といえば、非常に豪華なキャスティングとなっていること。中にはほんのチョイ役で出演している大御所俳優もいます。それだけ三谷幸喜という方が多くの俳優から敬愛されているのでしょうねー。

映画のあとは京橋花月にて時代劇コメディ『よいではないか番外編』↓を鑑賞しました。
001
岡田和幸さん率いる劇団まげもんの最新作ですが、実は4年前に上演されたお芝居の再演です。再演とはいえ、キャスティングは大幅に変わっておりますし、演出も改訂されています。また私自身、初回の上演を観ておりませんので、完全に新作のお芝居として観させていただきました。
「親分殺しの濡れ衣を着せられた渡世人が仇討に帰ってくる」というのが大まかなストーリーです。その濡れ衣を着せた悪役を青野敏行さんが完璧に演じられてました。豪快に高笑いする姿が印象的でした。
一方で渡世人役の市川冨美雄さんをはじめ、他の方々も印象に残る名演技を披露されてました。このお芝居に欠かせない要素である殺陣は今回も健在でした。
そしてラストでは、岡田さんが自身の名曲「お前を忘れへん」を生熱唱。とてもステキな歌声に心打たれましたね。

今年は二回も『よいではないか』を観れて、大満足です。最新作を観たばかりですが、もう次の新作上演を熱望しておりますhappy01

というわけで、今日は素晴らしい映画とお芝居を堪能できました。
今回も同行していただいたひでき氏に心から感謝いたします。

|

« 伝説の解散公演完全版 | トップページ | 山田康雄の遺書 »

お笑い」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

どちらも笑いあり、ほろりありのいい作品でしたね!

投稿: ひで | 2011年11月13日 (日) 11時32分

>ひでさん
昨日はありがとうございました。
次回も笑いと涙のお芝居を観させていただけると思います。またご同行よろしくお願いします!

投稿: てつ | 2011年11月13日 (日) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伝説の解散公演完全版 | トップページ | 山田康雄の遺書 »