« 名カバー集 | トップページ | 異例?主人公以外が全て交代したテレビドラマ »

2012年2月26日 (日)

たいぞう展「ま~るく」/映画『麒麟の翼』

昨日の話ですが、個展と映画を観に行ってきました。
まずは個展から。今月24日から近鉄百貨店橿原店(奈良県橿原市)にて行われている『たいぞう展「ま~るく」』を観に行きました。
お笑い芸人で画家のたいぞうさんの個展が奈良県で開かれるのはこれで3度目。もはや奈良での開催も毎年の恒例になりつつありますね。
今回も素晴らしい絵画を沢山鑑賞しました。今年の個展では開催期間中、全ての日にたいぞうさん自身が来場されているため、お会いすることができました。お会いできるのは本当に嬉しいですねhappy01
絵画とたいぞうさんの人柄に魅了され、大満足で会場を後にしました。
↓会場入り口です。
001
続いて、今年初の映画鑑賞会です。
観た映画は『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』。TBS系列で放送されていたテレビドラマの劇場版です。
あらすじは以下の通りです。

腹部を刺された状態で8分間も歩き続け、東京・日本橋の麒麟(きりん)の像の下で息絶えた男性。一方、容疑者の男は逃亡中に事故に遭い、意識不明の重体と なる。日本橋署の加賀恭一郎(阿部寛)は事件を捜査するにつれ、関係者の知られざる一面に近づいていく。被害者はなぜ必死で歩いたのか、はたまた加害者の 恋人が彼の無罪を主張する理由とは……。
(Yahoo!映画より抜粋)

とても楽しく鑑賞させていただきました。
ストーリーがテンポよく展開するため、全くストレスを感じさせません。上映時間129分があっという間に終わりました。
何より脚本が実に見事。事件の真相を一歩一歩掴んでいく様が緻密でしたねー。
主演の阿部とはじめとする豪華なキャスティングも魅力です。

本作は単なる刑事ドラマでなく、現代社会を反映した描写(派遣切りなど)もあり、ヒューマンドラマとしての要素も含まれています。
このように人々を惹きつける要素が多数あるため、この映画は大ヒット中です。もし続編があったら、ぜひ観たいなぁと思いました。

個展、映画ともにまたひでき氏にお付き合いしていただきました。
次回もよろしくお願いいたします!

|

« 名カバー集 | トップページ | 異例?主人公以外が全て交代したテレビドラマ »

お笑い」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

映画も絵の方も堪能いたしました。
またいきましょう。

投稿: ひで | 2012年2月26日 (日) 12時42分

>ひでさん
来月もぜひと言いたいところですが、また映画不毛の時期のようです…。
懲りずにチェックしていきますね。

投稿: てつ | 2012年2月26日 (日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名カバー集 | トップページ | 異例?主人公以外が全て交代したテレビドラマ »