« 12年ぶりのプリンタ更新 | トップページ | 62回目の『バカ殿』 »

2012年3月26日 (月)

特別狙撃隊 S.W.A.T.

『24―TWENTY FOUR―』を皮切りに海外ドラマを観続け、早5年が経過しました。今後も面白いドラマを発掘し続ける所存ですが、またまた一つ発掘しました。
それは『特別狙撃隊 S.W.A.T.』です。このドラマは1975年にアメリカで制作・放送、日本でも翌76年にテレビ東京系列で放送され、人気を集めました。ホンドー隊長(演:スティーブ・フォレスト)を筆頭とした「S.W.A.T.」が数々の凶悪事件に立ち向かうポリスアクションドラマです。
このドラマを観ようと思ったきっかけは、CDショップでDVDを見つけたこと。DVDのパッケージを見て、「おや?こんなドラマがあったのか」と興味を惹かれました。タイトルからして、大好きなアクションものと分かりましたし、何より1000円で買えるというところが魅力でした。で、「ひとまずVol.1だけ買ってみよう」と決めました。
実際に観た結果、予想以上にアクションが多かったです。また決してアクションだけを重視しておらず、きちんとしたドラマが形成されていました。ホンドー隊長と部下の隊員たち、全員が個性的なのもよかったですね。というわけで大満足でありました。Vol.2以降のDVDも随時入手していくことにしました。

ちなみにこのドラマは、2003年に劇場映画としてリメイクされています。そのリメイク版は過去に観たことがありますが、正直面白いと思えませんでした。どうやらオリジナルの方が面白いようですね。あくまで個人的な感想ですが

以下は『特別狙撃隊 S.W.A.T.』のオープニングです。ドラマの雰囲気がほんの少しですが、わかるかと思います。


独特の緊迫感が漂ってきますね。
このドラマをまだ観たことがない方は一度ご覧ください。

|

« 12年ぶりのプリンタ更新 | トップページ | 62回目の『バカ殿』 »

ドラマ(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12年ぶりのプリンタ更新 | トップページ | 62回目の『バカ殿』 »