« 【CM】大豆ノススメ | トップページ | 次のブルーレイソフト購入候補 »

2012年4月10日 (火)

罪責 潜入捜査

今月刊行されたばかりの今野敏の『罪責 潜入捜査』(実業之日本社文庫)。『潜入捜査』シリーズ待望の最新刊となります。
第四作目となる『罪責』は、元マル暴刑事の主人公・佐伯涼が産業廃棄物を不法に投棄する暴力団と闘うストーリーです。このシリーズに登場する暴力団はいずれも極悪非道ですが、本作でもそうなっております。実際、全く非のない一般人をためらいなく殺害します。その場面の描写はおぞましいとしか言いようがなく、もし映像化したら間違いなくR指定となるでしょう。その分、佐伯が暴力団を叩きのめす場面は爽快感があるのですがsmile

今日で100ページ目まで読み終わりました。この時点ではまだ佐伯と暴力団は直接対峙しておらず、電話のやりとりのみとなっています。が、電話だけでも両者の火花が散っているのがわかります。これからの展開を読み進めるのが楽しみですね。

『潜入捜査』シリーズは本当に傑作です。自信をもって、おすすめします。

|

« 【CM】大豆ノススメ | トップページ | 次のブルーレイソフト購入候補 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【CM】大豆ノススメ | トップページ | 次のブルーレイソフト購入候補 »