« 池乃めだか復帰決定 | トップページ | 槇原敬之名曲集 »

2012年5月25日 (金)

約3年ぶりに『安積班』を読みます

先月に刊行された今野敏の『夕暴雨―東京湾臨海署安積班』(ハルキ文庫)。作者の代表作『安積班』シリーズ待望の最新刊です。
現在放送中のドラマ『ハンチョウ~警視庁安積班~』(TBS系)の放送開始(同じく先月)に合わせて発売されました。『安積班』シリーズはこちらのドラマの原作ですから、ドラマの放送開始時期に合わせて新作が発売されたとしてもおかしくありません。
まだ購入していませんが、近日中に購入予定です。

『安積班』シリーズの文庫本が発売されるのは2009年以来、約3年ぶりとなります。よって『安積班』の原作本を読むのも3年ぶりとなります。
私が『安積班』のドラマ版を観るようになったのは2010年に放送されたシリーズ2(シリーズ1は09年に放送)からです。つまり、ドラマ版を観るようになってからは、一度も原作を読んでないんですねぇ。ドラマを観るたびに「まだ『安積班』の新作は出ないのかなぁ」と常々思っていました。ようやく発売されたのは嬉しいことだけど、「ちょっと間が開き過ぎてないか?」と出版社に文句を言いたいところですsmile

ちなみに『夕爆雨』に登場する安積班の面々は、現在放送中の『ハンチョウ~警視庁安積班~』とは異なり、前シリーズの『ハンチョウ~神南署安積班~』の面々となります。
今のところ『警視庁~』においては、『神南署~』時代の面々は一切登場していません。これから登場する機会はあるのでしょうか。4シリーズにわたって、登場していただけに、何らかの形で再登場してほしいと願っているのですが…。

こちらも原作同様、眼が離せないですね。

|

« 池乃めだか復帰決定 | トップページ | 槇原敬之名曲集 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池乃めだか復帰決定 | トップページ | 槇原敬之名曲集 »