« プロレス名勝負④ 小川直也VS山崎一夫 | トップページ | 『24』完全制覇達成! »

2012年5月 1日 (火)

映画『HOME 愛しの座敷わらし』/串カツ「初代ヱビス」

本日はなんばパークスシネマにて、映画を鑑賞してきました。
今回の鑑賞映画は『HOME 愛しの座敷わらし』。水谷豊主演のホームドラマです。
あらすじは以下の通りです。

父親の晃一(水谷豊)の転勤で、東京から岩手の片田舎に引っ越すことになった高橋一家。それぞれに悩みを抱え、心がバラバラになりかけていた一家が築100年以上の古民家での田舎暮らしに慣れてきたころ、不思議な現象の数々に遭遇する。やがて、その家には座敷わらしが居ついていることがわかり、家族の関係に少しずつ変化が訪れる。
(Yahoo!映画より抜粋)

心暖まるいい映画でした。
家族の葛藤に悩まされる一家の主を水谷が見事に好演しておりました。慣れない環境に悪戦苦闘しながらも一家を支える安田成美演じる妻や、認知症の兆候が現れてきた老母を演じた草笛光子もよかったです。
何より印象深かったのは、最初は毛嫌いしていた座敷わらしを、後に一家が受け入れていく過程です。一見、貧乏神のように見えたけれど、実は幸福の神だったのです。ラストのレストランでの場面は感動的でしたね。座敷わらしを完全に家族の一員として認めているわけですから。

本映画は全く予備知識がないまま、鑑賞しました。鑑賞した理由は単に水谷主演作だったからですが、予想以上に満足できる映画となりました。嬉しい限りですねhappy01
またこのようなホームドラマに出演してほしいと思います。

映画鑑賞の後は、新世界に移動。新世界の名物である串カツに舌鼓を打ちました。
訪れた食堂は「初代ヱビス」。↓ご覧のように派手な看板です。というか、この界隈の串カツ店はみなこのように派手な看板のお店が多いですがsmile

         004 005

↓串カツです。サクサクした感触が口いっぱいに広がります。この感触とソースが最高なんですなぁhappy01
なお、写真には写っていませんが、この他にお好み焼きと唐揚げも食べました。
006
↓せっかく新世界に来たので同じく名物である通天閣とその周辺を撮影。最近まで知りませんでしたが、新世界の公式キャラクターは『キン肉マン』です(詳細はこちら)。

   001 002 003

また串カツを食べに行きたいと思いました。次はどこのお店になるかな?

今回も映画・串カツ共にひでき氏にお付き合いいただきました。またよろしくお願いいたします!

|

« プロレス名勝負④ 小川直也VS山崎一夫 | トップページ | 『24』完全制覇達成! »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

さながら杉下警部のパラレールワールドとばかりの人生です。
組織の中で不器用ながら精一杯頑張る姿が良かった。

投稿: ひで | 2012年5月 2日 (水) 14時33分

>ひでさん
本当にいい映画でしたねー。
自分も不器用なので、あのような生き方をしたいです。

投稿: てつ | 2012年5月 2日 (水) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロレス名勝負④ 小川直也VS山崎一夫 | トップページ | 『24』完全制覇達成! »