« 2週続けて土曜に放送 | トップページ | たこ焼き日記② 幻だこ本店 »

2012年7月15日 (日)

『ミナミの帝王』全60作完全制覇

1992年から2007年まで15年間制作され、今もなお根強い人気を誇るVシネマ『難波金融伝・ミナミの帝王』。俳優・竹内力の代表作としても知られています。
15年間に制作された数は実に60作もあります。その60作を今日で完全制覇しました。
最後に観たのは98年制作の長編5時間版。5時間もあるだけに、非常に内容が濃かったです。黒沢年雄演じる悪役がよかったですね。この悪役は主人公の満田銀次郎(演:竹内)の家庭を崩壊させた張本人です。後に成人した銀次郎と再会し、またもや銀次郎を追い込みます。そのために普段は冷静沈着である銀次郎が感情をむき出しにする貴重なシーンもありました。
しかし、最後はきっちり成敗します。何度見ても悪役をやりこめるシーンは爽快感がありますねー。そしてラストは銀次郎がふと笑みを浮かべるところで終わります。そこへエンドロールが始まり、バックには竹内が自ら歌う主題歌「欲望の街」が流れます。竹内の骨太ボーカルはいつ聴いてもしびれますねー。

全作観てわかったことは、「『ミナミの帝王』はどれも面白い」ということ。はっきり言って「つまらなかった」と思った作品はありません。駄作がないからこそ、60も作品を作ることができたともいえるでしょうね。
そんな作品だけに、Vシネマ版の制作が打ち切りとなってしまったのは非常に残念です。一説にはVシネマ版が打ち切りとなったのは、吉本興業が映像化の権利を買い取ったからと言われています(事実、2010年より吉本所属のタレント・千原ジュニアが銀次郎を演じるテレビドラマ版が制作されています)。
テレビドラマ版も面白いですが、やはりVシネマ版には適いません。Vシネマ版の制作がまた始まってくれないかなぁと願っているファンは多いでしょうね。

今後はもう『ミナミの帝王』のDVDを借りることはありませんが、テレビ放送があった時はできる限り観ようと思います。今も不定期にテレビ放送されているということは、まだまだ人気は下がってない証拠ですね。

最後に一言。
『ミナミの帝王』で特に印象に残っているセリフは銀次郎の「ミナミで金貸しやってる満田いうもんですわ」。これはほぼ毎回出てくる定番のセリフです。また、女性探偵に対して銀次郎が「○○を調べといてくれ」と命令し、それに探偵が「わかった」と返すやりとりも定番でしたね。

『ミナミの帝王』は私にVシネマの面白さを教えてくれた作品です。死ぬまで支持し続けますsmile

|

« 2週続けて土曜に放送 | トップページ | たこ焼き日記② 幻だこ本店 »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2週続けて土曜に放送 | トップページ | たこ焼き日記② 幻だこ本店 »