« 脱獄山脈 | トップページ | 神戸の恥… »

2012年7月 3日 (火)

【ゲーム】タッグチームプロレスリング

定番の懐かしのゲーム紹介です。今回はこちら。

1986年に発売されたファミコン用ゲームソフト『タッグチームプロレスリング』です。
タイトル通り、プロレスゲームであり、試合形式は全てタッグマッチです。登場キャラクターは計4名で、プレイヤーは「リッキーファイターズ」を操作し、「ストロングバッズ」と対戦します。全100回対戦して、勝利すればゲームクリアとなります。
本ゲームは現代からしてみればかなりシンプルな感じになってますが、当時としては本格的なプロレスゲームとして好評を得ました。技が決まった時の爽快感はたまらないですね。他に、技の種類が豊富だったことや、レスラーの悲鳴(「ぐわっ」や「ギブアップ!」など)やレフェリーのカウントなどがはっきり聞こえることが特徴です。

このゲームを初めてプレイしたのは友人宅です。結構面白かったので、その後に自分で購入したのですが、あまりプレイした記憶がありません。多分、購入して間もなくファミコン本体が壊れてしまったからでしょうweep

プロレスゲームはかなりプレイしましたが、大半はスーパーファミコンかプレイステーションでした。ファミコンのプロレスゲームでプレイしたのは3本ぐらいで、その中で一番まともだったのは本作かな?あとの2本は操作性が悪かったのが難点でした。

本作は、隠れたファミコンの名作ゲームです。また遊びたいなぁ。って、毎回このセリフ言ってますねcoldsweats01

|

« 脱獄山脈 | トップページ | 神戸の恥… »

「ゲーム」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脱獄山脈 | トップページ | 神戸の恥… »