« 計画停電案内 | トップページ | もう廉価版を熱望している海外ドラマ »

2012年7月 7日 (土)

映画『臨場 劇場版』鑑賞会

今日は毎月恒例の「映画の日」です。
今回の鑑賞映画は『臨場 劇場版』。人気テレビドラマの劇場版です。
あらすじは以下の通りです。

都内で無差別通り魔殺人を起こした容疑者の心神喪失が認定され、刑法第39条によって彼の無罪が確定。それから2年後、容疑者の無罪を引き出した担当弁護士と精神鑑定を務めた医師が何者かによって殺される。警視庁と神奈川県警の合同捜査本部は、通り魔事件の被害者遺族たちの遺恨が絡んでいるとして捜査を進めていく。そんな中、敏腕検視官の倉石(内野聖陽)は、死亡推定時刻に関する疑問点を理由に犯人は別の人物ではないかと推察する。合同捜査本部の方針とは違った独自の捜査を展開し、事件の裏側に隠された思いも寄らぬ真相にたどり着く。

(Yahoo!映画より抜粋)

あらすじからわかるように、非常に凝ったストーリーですが、明らかに実在の事件をモチーフにしていることがわかりますね…(くしくも公開直前に大阪で通り魔事件が起きており、予告編が差し替えられた逸話があります)。
もし、あの事件の犯人がこの映画と同じように無罪となっていたら遺族はとてもやりきれなかっただろうなぁと思いながら観ておりました。
無罪となった容疑者の本当の素顔が終盤に明らかになった時は唖然としましたね。
とにかくフィクションでよかったです。

テレビドラマ版ではお馴染みの倉石のセリフ「はじめっか」、「俺のとは、違うなぁ」ももちろん出てきます。その他のレギュラー陣も、ほぼ全員テレビドラマ版と同じキャラクターであり、テレビドラマ版を観ていた人はすぐ溶け込めたでしょう。
一つ気になったのが五代刑事部長(演:益岡徹)がカレーライスを食べているシーン。これは五代の前任である小松崎刑事部長(演:伊武雅刀 テレビ第一シリーズ第9話にて定年退職)が登場するシーンにて必ず出てくる描写であり、そのオマージュなのかなぁと思いました。結構美味しそうだったのが印象的ですね
警視庁VS神奈川県警の対立も印象深かったです。警視庁の立原管理官(演:高嶋政伸)が、神奈川県警の仲根管理官(演:段田安則)に食って掛かるシーンは、迫力ありましたねー。

そしてラストシーン。これはネタバレになるので書きませんが、こちらも意味深な描写となっております。
果たして続きはあるのでしょうか。もしあったとしたら、どんな展開になっているのか、とても想像がつきません

今回もひでき氏にお付き合いいただきました。
映画の後に、大阪名物・たこ焼きを開発したといわれる「会津屋」のなんばなんなん店に行き、美味しいたこ焼きを堪能しました。写真を撮り忘れたのが残念です

また次回もよろしくお願いいたします。

|

« 計画停電案内 | トップページ | もう廉価版を熱望している海外ドラマ »

邦画」カテゴリの記事

コメント

いろんな意味で異色の警察小説でした。
また行きましょう。

投稿: ひで | 2012年7月 8日 (日) 13時32分

>ひでさん
昨日はありがとうございました。
この機会に『臨場』の小説版も読もうと思いました。結構面白そうですし。
次回もよろしくお願いいたします。

投稿: てつ | 2012年7月 8日 (日) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 計画停電案内 | トップページ | もう廉価版を熱望している海外ドラマ »