« 座椅子買い替え検討中 | トップページ | 【ゲーム】タッグチームプロレスリング »

2012年7月 2日 (月)

脱獄山脈

二年ぶりに太田蘭三の著書を読んでいます。
読んでいるのは今年5月に光文社文庫より刊行された『脱獄山脈』。あらすじは以下の通りです。

殺人罪で多摩刑務所に服役中の元警察官・一刀猛のもとに、妹が殺されたという報せが入る。彼女は兄の無実の罪を晴らすため、何者かに接触していたらしいの だが……。妹の復讐と自らの潔白を証明するため、一刀は三人の仲間と脱獄を敢行する! 奥多摩、奥秩父を経て、北アルプスへと逃避行を続ける一行を待つ運 命は? 大自然を舞台に愛と友情を描く傑作山岳推理!

タイトルとあらすじから、緊迫感あふれる内容であることが想像できるかと思いますが、実際に読んでみると、想像以上にハラハラドキドキの展開が待ち受けていることがよくわかります。
ちょうど今読んでいるところが脱獄の最中ですが、この後の展開がとても想像できない状態です。これは読み進める価値がありますねhappy01

本作は、著者が普段書くことの多いユーモアに満ちたミステリーとは全く違う、サスペンスミステリーです。これまでにも著者のサスペンスものを読んだことがありますが、一番緊迫感が強く描かれてますねー。また、本作には太田ファンにはおなじみの北多摩署の相馬刑事も登場しますが、彼のキャラクターも通常とは一味違っています。
さて、どんな結末を迎えるでしょうか。なんか予想外の結末になりそうで、不安と期待が混ざり合っていますcoldsweats01

今年で御年83歳となる太田蘭三。年齢に負けず、今後も良質なミステリーを生み出してほしいものです。

|

« 座椅子買い替え検討中 | トップページ | 【ゲーム】タッグチームプロレスリング »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

さっそく買います(^-^)サスペンスミステリー大好きなんです(^-^)b

投稿: おケイ | 2012年7月 3日 (火) 05時55分

>おケイさん
この本は500ページぐらいありますので、たっぷり楽しめるかと思います。
よかったら、著者の他の本も読んでみてくださいね。

投稿: てつ | 2012年7月 3日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 座椅子買い替え検討中 | トップページ | 【ゲーム】タッグチームプロレスリング »