« 幻に終わった函館の夜景見物 | トップページ | 『よいではないか10』鑑賞記 »

2012年8月 3日 (金)

CD鑑賞記 THE ORIGINAL/矢沢永吉

1990年に発売された矢沢永吉の二枚組ベストアルバム『THE ORIGINAL~SINGLE COLLECTION 1980‐1990』。80~90年に発売されたシングルA・B面を網羅しております。
自身のドキュメンタリー映画の同名主題歌「RUN&RUN」を筆頭に、二枚組全33曲というボリュームのある内容で、矢沢永吉入門編としても最適なアルバムになっています。大半がタイアップなので、聞き覚えのある曲も多いことでしょう。例を挙げれば「YES MY LOVE」(コカ・コーラCMソング、矢沢本人が出演)、「SOMEBODY'S NIGHT」(AXIA CMソング、こちらも矢沢が出演)、「PURE GOLD」(TBS系ドラマ『ホットドッグ』主題歌)など。また、全米でも発売された「ROCKIN'MY HEART」や「FLASH IN JAPAN」も必聴ですね。
しかし、一番注目すべきのは矢沢の代表曲で最大の名曲といっても過言ではない「I LOVE YOU,OK」の1990バージョンでしょう。これは前述の「PURE GOLD」のカップリング曲でした。記憶によれば、このバージョンが収録されているのは本作だけです。1975年発売のオリジナル・バージョンと比べると、余裕が感じられる歌い方でした。また円熟味を増していることがよくわかります。

私が本作を購入したのはもう16、7年前でしょうか。当時、矢沢に相当はまっておりましたので、買ったのは必然的とも言えました。
収録されている曲に魅了されたのはもちろんですが、ジャケットも同様でした。とにかく矢沢が渋すぎ。裸に無精髭、何やら威圧感すら感じさせる表情がとても印象的でしたねー。

冒頭に書いたように、本作はシングルコレクションで、80~90年のシングル曲が収められていますが、一部未収録のシングル曲もあります。そちらの中には本作の3年後に発売された『THE ORIGINAL 2』に収録されているものもあります。
『THE ORIGINAL 2』もいずれの機会に紹介したいと思います。

|

« 幻に終わった函館の夜景見物 | トップページ | 『よいではないか10』鑑賞記 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻に終わった函館の夜景見物 | トップページ | 『よいではないか10』鑑賞記 »