« あのトップギタリストが『徹子の部屋』に出演 | トップページ | 5年ぶりに『エアーウルフ』を観る »

2012年9月22日 (土)

映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』鑑賞会

今日は、二か月ぶりの「映画の日」でした。
今回の鑑賞映画は、現在大ヒット中の『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』。あらすじは以下の通りです。

国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が起こり、その後被害者が殺された状態で発見される。殺害に使われたのは、警察が押収した拳銃だった。捜査を担当することになった湾岸署だったが、青島(織田裕二)ら捜査員には情報がまったく開示されない方針が決定。そんな中、第2の殺人が起き、続く第3の事件では真下(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐されてしまう。

(Yahoo!映画より抜粋)

タイトルが示すように、本作にてこのシリーズは完結します。それだけに、これまでの作品をはるかに越える傑作となっておりました。
見所はこのシリーズの醍醐味ともいえる、警察庁・警視庁VS所轄(湾岸警察署)の攻防。今回はとにかく警察庁の幹部が相当のワルでした。よくここまで所轄をコケにできるなと思うぐらい、全ての責任を押し付けようとするのです。現実に警察がここまで腐っていたら、大変だなぁと思いながら観ておりました。
もう一つの見所は、主要登場人物の一人である恩田すみれ(演:深津絵里)の動向。彼女は過去に銃撃された傷(おそらく劇場版第二弾で受けたものと思われます)が悪化しており、警察官を辞める決意をします。事件の捜査に右往左往している湾岸署一同を尻目に、故郷・大分県に帰ろうとするすみれ。果たして彼女は本当に警察を辞めるのでしょうか?
終始、シリアスなムードが漂っていますが、笑える場面も複数あります。一番笑ったのは、湾岸署捜査一課が手違いで買ったあるモノを必死に隠そうとするところ。なぜ手違いになってしまったのか、そしてそれをどのように隠そうとするかは、ぜひ映画本編を観て確認してくださいhappy01あと、スリーアミーゴスの登場場面は問答無用で笑えます。

他に室井審議官(演:柳葉敏郎)が、故・いかりや長介さんが演じた和久平八郎の名台詞「なんてな」を引き継いでいたり、真下雪乃(演:水野美紀、本作以前は柏木雪乃として登場)や新城賢太郎(演:筧利夫)、沖田仁美(演:真矢みき)といった前作である劇場版第三弾に登場しなかったキャラクターが再登場しているなど、見所満載となっていました。

前述したように、本作で『踊る大捜査線』は完結しました。もう新作が観れないのはとても残念です。
反面、全スタッフ・キャストに心から拍手を贈ります。これだけの人気シリーズに成長させたのですから。これまで存分に楽しませていただき、本当にありがとうございます!

今回もひでき氏にお付き合いいただきました。次回の「映画の日」もよろしくお願いいたします。

|

« あのトップギタリストが『徹子の部屋』に出演 | トップページ | 5年ぶりに『エアーウルフ』を観る »

邦画」カテゴリの記事

コメント

テーマはシリアスですが、「踊る~」は軽妙な感じで進んでいくので、好きです。新作が見れなくなるのは残念ですが、新しい刑事ドラマのラインナップへの布石となるなら、いいと思います(*^-^)
またいきましょう!

投稿: ひで | 2012年9月22日 (土) 23時30分

>ひでさん
また新しいシリーズ(もちろん面白いもの)が始まってほしいですねー。
次回はホラー映画です。よろしくお願いいたします!

投稿: てつ | 2012年9月23日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あのトップギタリストが『徹子の部屋』に出演 | トップページ | 5年ぶりに『エアーウルフ』を観る »