« 映画『エクスペンダブルズ2』鑑賞会 | トップページ | 携帯からUSBメモリへ付け替え »

2012年11月 4日 (日)

今年も楽しんでます:赤川次郎『杉原爽香』シリーズ

毎年9月に光文社文庫より刊行される、赤川次郎の『杉原爽香』シリーズの新刊。今年の新刊は『オレンジ色のステッキ』で、サブタイトルは「杉原爽香、39歳の秋」となっています。
主人公の爽香は毎年、何かしらのトラブルに巻き込まれるのですが、今回もややこしい事態となっています(詳細はネタばれになりますので、ここでは書きません。知りたい方は本編をお読みください)。大概は男女の愛情のもつれ絡みのトラブルで、かつては爽香とは直接関わりのない人物たちの問題だったのですが、近年は爽香本人や夫の明男、爽香の兄や姪がトラブルの直接の原因になるケースが多くなりました。
新刊『オレンジ色のステッキ』においても、その描写が多くなっています。ほぼ毎年、トラブルに巻き込まれる爽香がとても気の毒だなぁと思いながらも、ストーリーを楽しんでおりますsmile

このシリーズには、登場人物が毎年歳をとり、作者と共に成長していくという、他のシリーズにあまりない特徴があります。その特徴が絶大な支持を得ているため、今も続いているのです。
作者の赤川次郎は本シリーズ以外にも多数のシリーズ・キャラクターを抱えていますが、私はこのシリーズが一番のお気に入りです。赤川の数あるシリーズ・キャラクターの中で唯一、全巻制覇しているくらいですからhappy01
このシリーズがあとどれぐらい続くのか全くわかりませんが、続く限りは支持していきます。

そういえばふと思ったのですが、赤川のシリーズ・キャラクターで「完結」したものはあるのでしょうか。
もしご存じの方がおられましたら、ぜひ教えてくださいsmile

|

« 映画『エクスペンダブルズ2』鑑賞会 | トップページ | 携帯からUSBメモリへ付け替え »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『エクスペンダブルズ2』鑑賞会 | トップページ | 携帯からUSBメモリへ付け替え »