« 「柳ジョージの世界」を堪能中です | トップページ | 祇園への移動は京阪より阪急 »

2013年1月17日 (木)

gooメール障害の原因

すでに復旧してますが、二日前にgooメールが使えなくなる障害が発生しました。

詳細記事:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130116/449804/?ST=cloud

で、その原因はデータセンターの電源が工事によって遮断されたことによります。

詳細記事:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130116/449922/

つまり人的ミスってことですよね…。gooを運営するNTTレゾナントによると「データ消失の可能性あり」とのことで、工事業者に賠償責任が問われる可能性もあるかな?と思ってしまいました。

データセンターということは、当然のことながらサーバが置かれております。原則、サーバは24時間365日動かしっぱなしです。だからこそ、常に各種のサービスが受けられるわけです。
それが停まってしまったからには、多大な影響が発生するのは言わずもがなです。gooメールは一日18万人の利用者がいるそうなので、とても大きい影響であったことが窺い知れます。

gooメールよりは遥かに小さい規模ではありますが、私もサーバの運用を仕事でやっております。こちらも常に多くの人がアクセスしています。それだけに停めてしまったら、甚大な影響となります。

今回のgooメールの障害を知って、「サーバはずっと安定運行し続けなければいけない」と強く痛感しました。そのための努力を怠らないようにします。

|

« 「柳ジョージの世界」を堪能中です | トップページ | 祇園への移動は京阪より阪急 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

経営がしんどくなってくると、安い業者や無理なスケジュールを採用しがちになりそれが事故の原因となったりします。

投稿: ヒデ | 2013年1月19日 (土) 00時40分

>ひでさん
以前、私が居た某金融機関のシステム運用がまさにそれでしたね。あの状況で大惨事が起きなかったのは奇跡です。
今はどうなのかなぁ。

投稿: てつ | 2013年1月19日 (土) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「柳ジョージの世界」を堪能中です | トップページ | 祇園への移動は京阪より阪急 »