« 「笑福」行ってきました | トップページ | 阪堺電車ダイヤ改正実施 »

2013年1月28日 (月)

井上大輔の名盤が待望の復刻

2000年に亡くなった作曲家・井上大輔さん。
伝説のグループ・サウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のメンバー(ボーカルとサックス・フルートを担当)であり、「ブルー・シャトウ」などの名曲を作曲しました。ブルー・コメッツを脱退した後は作曲家に転身。シャネルズ「ランナウェイ」、郷ひろみ「2億4千万の瞳」などのヒット曲を手掛けたことで知られています。
一方で歌手としても活動し、AORやリゾート・ミュージックを彷彿とさせる独自のサウンドは多くの音楽ファンを唸らせました。その代表的作品であるオリジナル・アルバム『BLUE』がこのたび復刻されることがわかりました。
『BLUE』は1988年に発売。ほぼ全曲がCMで使われました(CMでの歌唱は他の歌手の場合もあり)。トップを飾る「UP TO YOU」から爽やかさ全快で、終始心地よいサウンドが心に響きます。他にコカ・コーラのCMソングとして有名な「I FEEL COKE」(CMでは上田正樹、佐藤竹善らが歌唱)、アサヒビールのCMソング「SUMMER LOVE」(こちらは尾崎紀世彦が歌唱)など、本当に素晴らしい曲が次から次へと流れていきます。
すでに『BLUE』のCDは持っているのですが、持っている盤が中古であることと復刻盤の音質が持っている盤より向上していることから、買い替えを決めました。値段も1890円とお得ですしね。
これはレコード会社に感謝しないといけないです。もう正規では聴けないと思われていた作品が正規で聴けるようになるのですから。
「ありがとう!ソニー(復刻盤の発売元)さん」と敬意を示します。

思えば井上さんの音楽に初めて触れたのは、89年に放送されたドラマ『ゴリラ・警視庁捜査第8班』(テレビ朝日系)でした。このドラマの挿入歌「RUN FOR YOUR LIFE」を井上さんが歌っており、スピーディーかつパワフルなボーカルに胸を打たれました。
そして、ドラマのサントラ盤のライナーノーツにて本作『BLUE』を知りました。初めて聴いた時の衝撃は凄かったですね。「こんな素晴らしいアーティストがいたとは」と驚愕しました。その後、井上さんの他のアルバムも聴きましたが、『BLUE』が一番お気に入りでした。

実に25年前のアルバムですが、今も十分通用するリゾート・ジュージックです。興味のある方はぜひぜひ聴いてみてください。絶対満足できます。

|

« 「笑福」行ってきました | トップページ | 阪堺電車ダイヤ改正実施 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「笑福」行ってきました | トップページ | 阪堺電車ダイヤ改正実施 »