« 残念な解散 | トップページ | 地震の恐怖感 »

2013年4月12日 (金)

姫川玲子シリーズ第二作目を入手しました

先月読んだ『ストロベリーナイト』。作家・誉田哲也の代表作「姫川玲子シリーズ」の記念すべき第一作目です。
猟奇殺人事件を捜査するという、とてもグロい内容に圧倒されましたが、独特の文体や登場人物たちの心理的描写を的確に捉えた作風にすっかり魅了されました。
そして、今日「姫川玲子シリーズ」の第二作目である『ソウルケイジ』を入手しました。まだ1ページも読んでない状態ですが、あらすじを読んだ限り、また猟奇殺人事件が主なストーリーとなっていることは一目瞭然。今度も内容に圧倒されることは間違いないでしょう。
これから読み進めていくのが楽しみですhappy01

「姫川玲子シリーズ」はすでに第四作目までが文庫化されているので、これらも一気に読んでしまうつもりです。今月も来月も入手予定の文庫新刊が少ないので、ちょうどいいタイミングと言えるでしょう。

やっぱり推理小説を読むのはやめられないなぁcoldsweats01

|

« 残念な解散 | トップページ | 地震の恐怖感 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残念な解散 | トップページ | 地震の恐怖感 »