« 長渕剛詩画展「殺気」 | トップページ | 【CM】アートネイチャー MRP MACH モノクロ編 »

2013年5月19日 (日)

CD鑑賞記 ゴールデン☆ベスト/ザ・タイガース

2003年に発売されたザ・タイガースのベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』。
1966年の記念すべきデビュー曲「僕のマリー」から、最後のシングル「誓いの明日」までの全17枚、さらには82~83年の「同窓会」の時期に発売した3枚のシングル、計20枚のシングルA面が収録されています。
もちろん代表曲である「シーサイド・バウンド」、「モナリザの微笑」、「花の首飾り」も含まれていますが、個人的には「同窓会」の時に発売した「色つきの女でいてくれよ」や「銀河旅行」の方が気に入っています。というか、これらの曲が目当てで買いました。YouTubeで聴いた時にとても感激したのでhappy01
本作を購入したきっかけは前述の理由以外に、先日紹介したジュリー・沢田研二のベストアルバムを聴いてから、すっかり彼の音楽の虜になり、「どうせなら原点であるザ・タイガースのCDも聴いてしまおう」と思ったのもあります。
ジュリーのボーカルはもちろんですが、もう一人のボーカルである加橋かつみも最高ですね。また、今や名俳優の地位を不動のものとしている岸部一徳(当時の芸名は岸部修三)のベースも、味わい深いです。

本作は昨年12月にスペシャルプライス盤(999円、通常盤は1990円)として、期間限定で再発売されました。私が購入したのはスペシャルプライス盤です。
購入したのは今月初めで、すでに発売から半年が経っており、もうスペシャルプライス盤を買うのは無理かなぁと思ってましたが、運良く購入することができました。これは本当に幸運でしたよ。なんせどのCDショップにもなく、あきらめかけていた矢先に購入できたわけですから。神様に感謝ですhappy01

ザ・タイガースは今年、完全復活を遂げます。82年の「同窓会」の時もかなり盛り上がったようですが、今回は完全復活とあって更なる盛り上がりとなると思われます。
数あるグループ・サウンズの中で、もっとも支持されているバンドであることは言うまでもありません。

|

« 長渕剛詩画展「殺気」 | トップページ | 【CM】アートネイチャー MRP MACH モノクロ編 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長渕剛詩画展「殺気」 | トップページ | 【CM】アートネイチャー MRP MACH モノクロ編 »