« 阪急電車の新型車両「1000系・1300系」 | トップページ | 【ゲーム】パーマン »

2013年6月20日 (木)

大阪府謎解き散歩

先日、当ブログに書いた通り、今年で大阪暮らし12年目に突入しましたが、まだまだ知らないことが山ほどあります。
そんな中、大阪を知るに最適な本を一冊見つけました。それは『大阪府謎解き散歩』(新人物文庫)です。

本書は、全5章からなる構成となっています。

第1章:大阪府ってどんなとこ?
第2章:風土・地理編
第3章:歴史編
第4章:文化・民俗編
第5章:経済・産業編

ちょうど今日の時点で第3章まで読み終わりました。あと2章残ってるけど、大阪が実に奥の深い街であることがよーくわかりましたよsmile
実際に足を運んでみたいと思うところも複数見つけました。例えば「JR天王寺駅にて水が流しっぱなしのトイレがある」。まるでそのトイレが故障しているかのような一文ですが、真相は排水に湧水を使っているために流しっぱなしになってるのです。
私は一年ほど天王寺駅を経由して通勤していたのに、そのことを全く知りませんでした。それだけに知らなかったことが悔しくて仕方ありませんbleahだからこそ行きたいのであります。
また帝塚山古墳などの歴史のある名所や、無料で船に乗ることができる千本松渡船場などにも足を運んでみたくなりました。特に千本松渡船場は家から近く、容易に行くことができるので、近いうちに行くつもりです。

本書は分かり易い文章だけでなく、随所にカラー写真が掲載されているのもGood!しかも文庫本なので、手ごろな価格(800円)で入手できます。
大阪府民を含む全国民におすすめできる一冊ですね。

なお、本書以外にも各都道府県の『謎解き散歩』が刊行されています。次はお隣の兵庫県、京都府そして故郷の北海道の『謎解き散歩』を読みたいと思います。

|

« 阪急電車の新型車両「1000系・1300系」 | トップページ | 【ゲーム】パーマン »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阪急電車の新型車両「1000系・1300系」 | トップページ | 【ゲーム】パーマン »