« トリさんの部屋からの脱出 | トップページ | 渡兄弟対決に要注目 »

2013年8月14日 (水)

映画『少年H』鑑賞会

お盆休み最後の日は、毎月恒例の「映画の日」でした。
今月の鑑賞映画は『少年H』。作家・妹尾河童の代表作の映画化であると同時に、テレビ朝日開局55周年記念作品でもあります。
あらすじは以下の通りです。

昭和初期の神戸。洋服仕立て職人の父・盛夫(水谷豊)とキリスト教徒の母・敏子(伊藤蘭)の間に生まれた肇(吉岡竜輝)は、胸にイニシャル「H」が入ったセーターを着ていることからエッチというあだ名が付いていた。好奇心旺盛で曲がったことが嫌いな肇だったが、オペラ音楽について指南してくれた近所の青年が特別高等警察に逮捕されるなど、第2次世界大戦の開戦を機にその生活は暗い影を帯びていく。やがて、彼は盛夫に対するスパイ容疑、学校で行われる軍事教練、妹の疎開といった出来事に直面し……。
(Yahoo!映画より抜粋)

本作は戦時中の日本を忠実に描いております。それを観ると、いかに当時の日本が異様であったかがわかりますねぇ。
天皇陛下や軍人を極端に崇める一方で、戦争や軍人を非難すると「非国民!」と罵られる。主人公の肇は、まさにその扱いを受けておりました。「非国民」なんて、もはや現代では完全な死語でしょうね。
特に印象に残ったのは、何かと肇を目の敵にしていた田森教官(演:原田泰造)。戦時中は完全に軍国主義者だったのに、戦争が終わった途端、急に手のひらを返して、民主主義者になっていました。その様を観た誰もが「調子のいい野郎だなー、こいつは」と思うことでしょう。見方を変えれば、演じる泰造本人のキャラクターにうまくマッチしていたとも言えるかもしれません。

本作はこの時期に観るのにとてもふさわしい映画です。映画を通じて、戦争とはどんなものかを知ることができるはずです。
作品の内容も高く評価されております。観に行って、本当によかったと思っています。

今回もひでき氏にお付き合いいただきました。ありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします!

|

« トリさんの部屋からの脱出 | トップページ | 渡兄弟対決に要注目 »

邦画」カテゴリの記事

コメント

近年の日本もまたおかしな方向へ歩み出しているように感じます。
良い映画でした!

投稿: ひで | 2013年8月14日 (水) 21時23分

>ひでさん
今日はありがとうございました。
今の日本も、いずれは映画化されるのでしょうね。あの頃はこんな時代だったと。
良いふうに描かれればいいですけど、多分そうはならないと思いますcoldsweats01

投稿: てつ | 2013年8月14日 (水) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トリさんの部屋からの脱出 | トップページ | 渡兄弟対決に要注目 »