« 【ゲーム】舛添要一 朝までファミコン | トップページ | 沢田研二 LIVE 2013「Pray」神戸公演 »

2013年9月20日 (金)

「吹替の帝王」第三弾は『プレデター』

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンのレーベルの一つである「吹替の帝王」。
日本語吹替版が複数ある洋画をピックアップし、その吹替え全てを完全収録したDVDを発売するという、画期的なレーベルです。
今年4月より始動し、第一弾として『コマンドー』のDVDを発売しました。さらには第二弾として『ダイ・ハード』1~3のDVDも発売。いずれも吹替えファンを虜にしました。
そして、待望の第三弾の発売が決定しました。今回の洋画は『プレデター』(1987年公開。主演:アーノルド・シュワルツェネッガー)。公開から25年以上が経過した現在も根強い人気を誇るSFアクションの超大作です。
『プレデター』には日本語吹替え版が2パターン存在します。一つはフジテレビ『ゴールデン洋画劇場』で放送された版、もう一つはテレビ朝日『日曜洋画劇場』で放送された版です。
それら2つの吹替えを収録したのが、今年12月20日に発売される『プレデター<日本語吹替完成版>コレクターズ・ブルーレイBOX』です。さらには「吹替の帝王」名物である、縮刷吹替台本の封入もあります。すでにプロモーションサイトがオープンしてますので、興味のある方はこちらをご覧ください。また、プロモーション動画も公開されています。

近年の『プレデター』の地上波放送の吹替えはテレ朝版が流用されることが多く、また既発のDVDにおいてもそちらが収録されているため、フジ版の吹替えは事実上"お蔵入り"となっていました。が、このたび復活することに相成ったわけです。これは先に発売された『コマンドー』と同様です。

どうせならこれも欲しいところですが、まだ『ダイ・ハード』の完成版も入手していない状態です。買うのは当分先になるでしょう。その前に生産中止になる可能性が高いですが…。
ま、とにかく入手することを頭の片隅に入れておきます。

すでに3作がリリースされた「吹替の帝王」。次に発売されるのはどの洋画でしょうか。
思いつく限りでは、『エイリアン』シリーズ、『スピード』、『インデペンデンス・デイ』あたりが候補かなと思っています。いずれも吹替のパターンが2つ以上存在しますので。

「吹替の帝王」について、もっと知りたい方は公式サイト↓をご覧ください。
http://video.foxjapan.com/library/fukikae/

|

« 【ゲーム】舛添要一 朝までファミコン | トップページ | 沢田研二 LIVE 2013「Pray」神戸公演 »

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【ゲーム】舛添要一 朝までファミコン | トップページ | 沢田研二 LIVE 2013「Pray」神戸公演 »