« ジェットスターは大丈夫かなぁ | トップページ | 「吹替の帝王」第三弾は『プレデター』 »

2013年9月19日 (木)

【ゲーム】舛添要一 朝までファミコン

定番の懐かしのゲーム紹介ネタです。今回はこちら。

1992年にファミコン用ゲームソフトとして発売された『舛添要一 朝までファミコン』です。
本ゲームソフトは、タイトルが示すように舛添要一が監修しました。ジャンルはアドベンチャーゲームで、とある企業を舞台にビジネスマンの葛藤を描いたものです。
このように完全に大人向けのゲームです。が、当時小学生だった私は無謀にこのゲームで遊んでました。今思えば、ちょっと大人の気分を味わいたかったので しょう
ただ、小学生にはわかりにくい部分があったのは事実です。また、文章が全編漢字だったので読めないのもありました
とはいえ、その頃は全く無縁だったビジネスの世界を少し知ることができました。当時はそれがとても新鮮だったんでしょうねー。

本作、一部では"クソゲー"と呼ばれているようですが、私個人としては面白いゲームでしたよー。上記動画を見て、懐かしさに浸りましたね。

以上、ゲームネタでした。

|

« ジェットスターは大丈夫かなぁ | トップページ | 「吹替の帝王」第三弾は『プレデター』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェットスターは大丈夫かなぁ | トップページ | 「吹替の帝王」第三弾は『プレデター』 »