« 新たな無料メールを使い始めてます | トップページ | 二つのアート展:グランフロント大阪 »

2013年10月25日 (金)

CD鑑賞記 旅立ち/松山千春

1986年に発売された松山千春のアルバム『旅立ち』。
デビュー10周年を記念して発売された企画アルバムです。内容は千春が選んだ自身の楽曲を新たに録音し直したセルフカバーです。
タイトルにもなっているデビュー曲「旅立ち」を筆頭に全10曲が収録されています。そのどれもがオリジナル・バージョンと比べると、とても余裕を感じられる歌唱となっています。
編曲はほぼオリジナル・バージョンを踏襲していますが、「長い夜」のようにオリジナルとは全く違う曲調になっている曲もあります。そういう部分ではバラエティに富んでるとも言えるでしょうか。
個人的に好きなのは「タイニー・メモリー」と「銀の雨」です。前者は柏原芳恵に提供した曲であり、千春自身も83年発売のアルバム『眠れない時代』でカバーしています。オリジナルにはなかったストリングス・サウンドが美しいです。
後者はファンならば必ず知ってるであろうスタンダード・ナンバーで、こちらもオリジナルにはなかったストリングス・サウンドが素晴らしいです。聴いていると、歌詞が切ない失恋ソングだけにちょっと涙ぐみますねsweat02

本作は86年にレコード、カセット、CDで発売されました。その後、92年にCDのみ再発売され、さらには2009年にハイ・クオリティCD(略称:HQCD)としても再発売されています。
どうせ聴くのなら、HQCD盤の方がよいでしょう。千春ファンでまだこのアルバムを聴いてない方は損しますよー、絶対にsmile

|

« 新たな無料メールを使い始めてます | トップページ | 二つのアート展:グランフロント大阪 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たな無料メールを使い始めてます | トップページ | 二つのアート展:グランフロント大阪 »