« 不要な特殊キー | トップページ | 『相棒』シーズン12始動! »

2013年10月15日 (火)

続々刊行中:西村京太郎短編集

今年の7月より作家・西村京太郎の短編小説集が続々刊行されています。
以下、その短編集のリストです。

・EF63形機関車の証言(双葉文庫/7月刊行)
・謀殺の四国ルート(祥伝社文庫/7月刊行)
・殺意を乗せて…西村京太郎旅情ミステリー傑作選(9月刊行/徳間文庫)
・脅迫者(双葉文庫/9月刊行)
・刑事の肖像:西村京太郎警察小説傑作選(10月刊行/徳間文庫)

このうち『EF63形~』以外は全て入手済みで、ただ今『刑事の肖像』を読み進めています。
いずれの短編集も傑作揃いですが、とりわけ注目すべきなのは『殺意を乗せて』と『刑事の肖像』。なぜなら、この2冊にはこれまで単行本や文庫本に収録されなかった短編小説が含まれているからです。西村ファンとして買わずにはいられないですね、これはhappy01

短編集の刊行は今後も続き、12月には徳間文庫より『天国に近い死体:西村京太郎本格ミステリー傑作選』が刊行されます。こちらにも未収録短編が含まれているということで、購入は確実です。

一方で来月(つまり11月)は西村作品の文庫の新刊の発売予定はありません(他の好きな作家も同様)。ちょっと残念ですが、その間に前述した未読の『EF63形~』を読むつもりです。あとは、『近鉄沿線 謎解き散歩』も読まないとならないので、読む本が全くなくなるのは避けられそうです。
安心(?)しましたhappy01

|

« 不要な特殊キー | トップページ | 『相棒』シーズン12始動! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不要な特殊キー | トップページ | 『相棒』シーズン12始動! »