« 文庫書下ろしの自伝 | トップページ | 4月から一斉値上げ:電車運賃 »

2014年1月23日 (木)

「吹替の帝王」第4弾は『ロボコップ』

昨年より始動している20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンのレーベル「吹替の帝王」。
これまで『コマンドー』、『ダイ・ハード』1~3、『プレデター』の計5作の洋画の日本語吹替完全版が発売されています。
そして、今年の3月5日に待望の第4弾が発売されることとなりました。今回の洋画は『ロボコップ』。1987年に公開され、大ヒットしたSFアクション映画です。後にシリーズ化された他、アニメやゲームなど様々なメディアに展開されました。また、今年3月にはリメイク版が公開されることとなっており、根強い人気を保っていることが伺えます
リメイク版の公開とほぼ同時にオリジナル版の日本語吹替完全版が発売されるとは、実にいいタイミングですねhappy01多分、これを意識しての発売でしょう。

さて、今回発売される日本語吹替完全版には3つの吹替版が収録されます。1つ目はテレビ放送版、2つ目はビデオカセット版、そして3つ目はDVD版です。
私はテレビ放送版とビデオカセット版は観たことがあります。が、もうほとんど覚えてないですねー。なんせ最後に観たのは15年以上前だと思うのでcoldsweats01
まだ『ロボコップ』のDVDは一枚も持っていませんので、入手するにはちょうどいい機会と言えるでしょう。購入を前向きに考えております。

すでに本作のプロモーション映像が公開されております。興味のある方はご覧ください。



|

« 文庫書下ろしの自伝 | トップページ | 4月から一斉値上げ:電車運賃 »

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文庫書下ろしの自伝 | トップページ | 4月から一斉値上げ:電車運賃 »