« 「吹替の帝王」第5弾は『スピード』 | トップページ | 二度目のbjリーグ観戦 »

2014年2月15日 (土)

【ゲーム】タイムツイスト 歴史のかたすみで…

定番の懐かしのゲームネタです。今回はこちら。

1991年に発売されたファミコン用ゲームソフト『タイムツイスト 歴史のかたすみで…』です。
ジャンルはアドベンチャーゲームで、ストーリーは悪魔に体を乗っ取られてしまった主人公が、悪魔を追いかけてタイムスリップを繰り返すというもの。スリップするのは決まって、世界史にまつわるところです(例えば、第二次世界大戦中のドイツにタイムスリップ、そこはユダヤ人迫害の真っただ中であるなど)。ある意味、世界史を勉強できるゲームでもあるのです。
アドベンチャーゲームですから、当然のことながら謎解きがメインとなります。本作は前編・後編に分かれており、前編は自力でクリアできましたが、後編は中盤あたりから完全に詰まってしまいました。そのため、それ以降は攻略本を使って解いたのを覚えています。
上記の動画は、後編の終盤からエンディングまでとなっています。そういえば、こんな展開だったなぁと懐かしく思いながら、見てしまいましたね。

本作は現時点でファミコン以外のプラットフォームには一切移植されておりません。つまり、今このゲームで遊ぶことは非常に困難であるということです。
そう思うと、少し残念が気がします。決して面白くなかったわけではありませんからねぇ。

前述したようにこのゲームは1991年に発売されました。当時、ファミコンのゲームソフトの媒体はロムカセット、もしくはディスクカードであり、本作はディスクカードでの発売でした。
一時期はロムカセットをしのいでいたディスクカードですが、徐々に低迷し、本作がディスクカードで発売される最後のゲームとなりました。そういう意味では、かなり貴重なゲームでもあります。

もう遊べないのかと思うと非常に惜しい…。

|

« 「吹替の帝王」第5弾は『スピード』 | トップページ | 二度目のbjリーグ観戦 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「吹替の帝王」第5弾は『スピード』 | トップページ | 二度目のbjリーグ観戦 »