« 【CM】セキスイハウス「LAURA」 | トップページ | バスの運賃も値上がりしました »

2014年4月16日 (水)

『TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部』を観た感想

本日よりスタートした『TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部』(テレビ朝日系)。
先日、当ブログにこのドラマを観るつもりと書きました。で、早速観てみました。
観た感想としては、ありきたりですが「なかなか面白い」ということ。主演の小澤征悦演じる佐久晋吾管理官は、冷静沈着な切れ者ですが、とても傲慢。部下たちを「駒」と言い切るほどです。その佐久に強く反発する島野誠警視庁捜査一課13係長(演:田辺誠一)。この二人のやりとりが一番見所がありましたねぇ。おそらく二人の対立が今後のエピソードにおいても主軸となるのではと予想しています。
他、島野の部下である太田文平(演:神尾祐)や小菅光晴(演:渡辺いっけい)もいい味を出しています。後は密かに佐久を操っている(?)刑事部長の谷中寿也(演:西田敏行)も。一見、佐久を暖かく見守っているようで、何か裏がありそうな気配が興味深いですねー。

そんなわけで第二話以降も観続けることにしました。第二話にはダンカンがゲスト出演しています。まさに一癖ありそうなキャラクターですから、佐久とどのように絡むのかが楽しみでありますhappy01

『TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部』を観ることになった結果、この4月から始まるドラマで観ることになったのは計2本になりました。もう一本は、来週から始まる『なるようになるさ。』(TBS系)の第二シリーズです。
こちらも楽しみです。

|

« 【CM】セキスイハウス「LAURA」 | トップページ | バスの運賃も値上がりしました »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【CM】セキスイハウス「LAURA」 | トップページ | バスの運賃も値上がりしました »