« マイルドエスケープ7 | トップページ | 【CM】富士通 高倉健&倍賞千恵子編 »

2014年5月 9日 (金)

14年ぶりに観た矢沢永吉主演ドラマ

平日午後1時よりテレビ大阪で放送されている『午後のサスペンス』。主に他局で放送され、すでに権利が切れている(=どの放送局でも放送可能となっている)二時間ドラマを再放送しています。
今日のプログラムは『雨に眠れ』。2000年にTBSで放送されたもので、主演は矢沢永吉。彼の本業は言うまでもなく歌手ですが、役者としての活動もしています。もっとも出演本数は非常に少ないです。これまでの出演作はドラマ3本と映画1本のみですから。
そのドラマ3本のうち、1本が本作です(ちなみに現時点で役者業における最後の仕事でもあります)。矢沢が演じるのは小さな喫茶店の主。14年前に一人息子を亡くし、妻も間もなく逝去。以来、たった一人で何の希望もなく生きてきたのですが、台湾人母子と出会ってから生きる希望を見出します。そんな中、子どもの誘拐事件が発生。なぜか犯人は780万円と中途半端な身代金を要求。一体誰が犯人なのか…というのが大まかなあらすじです。

本放送時、序盤のシーンは観た記憶があるのですが、中盤からラストは全く覚えていませんでした。このドラマは後にDVD化され、そのことも知っていたけど、観ようという気は起きませんでした。
が、今日『午後のサスペンス』で再放送されることを知り、「これはいい機会じゃないか」と思いました。早速レコーダーに録画、帰宅してからすぐに観ました。
矢沢の演技は決してうまいほうではありません。むしろ不器用な感じです。けど、その不器用な感じがかえっていい味を出してるのでは?と思いましたね。
また矢沢が助ける台湾人を演じたビビアン・スーもいい味出してます。シングルマザーの役が結構はまっていたようにも見えました。
他にも個性的な役者が多数出演。中でも、今や国会議員にまで上り詰めた山本太郎の役者時代の姿はかなり印象深い物でしたね。

前述したように、本作は2000年に放送されました。以後、14年間全く観る機会がなかったのですが、運良く再放送されましたので、観ることができました。
『午後のサスペンス』では、本作以外にも貴重なドラマが再放送されてるようなので、こちらも逐次チェックしていこうと思っています。

|

« マイルドエスケープ7 | トップページ | 【CM】富士通 高倉健&倍賞千恵子編 »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイルドエスケープ7 | トップページ | 【CM】富士通 高倉健&倍賞千恵子編 »