« 一応決着?ヤジ問題 | トップページ | 『なるようになるさ。』シリーズ2終了 »

2014年6月24日 (火)

ニューエイジ・ミュージック名曲集

先月の胃カメラ受診以来、積極的に音楽を聴くようになりました。これもストレス解消のためです。
色々な音楽を聴いておりますが、特に聴く機会が多いのがニューエイジ・ミュージック、いわゆる"癒し系サウンド"です。邦楽・洋楽問わず聴いていますが、やはり邦楽の方がいいですね。
以下、独断で選んだニューエイジ・ミュージック名曲集です。いずれもテレビ番組で使われたものです。

絲綢之路(ししゅうのみち)/喜多郎

喜多郎の名を一躍全国区にした名曲です。NHK特集『シルクロード』のメインテーマ曲として使われました。
この曲のヒットにより、喜多郎ならびに彼が演奏する楽器、シンセサイザーは瞬く間に知れ渡りました。計り知れない影響があったことが伺えます。

シルクロード幻想/喜多郎

『シルクロード』で使われた曲をもう一つ。穏やかな曲調である「絲綢之路」とはうってかわって、力強い曲調となっています。癒しと共に活力をみなぎらせてくれます。

大黄河/宗次郎

NHK特集『大黄河』のメインテーマ曲。宗次郎の初期代表曲です。
オカリナと共に奏でられるバンド・サウンドがVery Good!

悲しみの果て/宗次郎

こちらも宗次郎の初期代表曲です。かつてフジテレビ系にて放送された『志村けんのだいじょうぶだぁ』のコーナーの一つである「サイレント無言劇」の中で使われました。聞くところによると志村と宗次郎は親交があり、その縁から使われたのだとか。
現在、発売中の『だいじょうぶだぁ』のDVDに収録されている「サイレント無言劇」のBGMにもこの曲がそのまま使われています。

遥かなる大地より/松宮幹彦

フジテレビの名作ドラマ『北の国から』のメインテーマ曲。
ギターとトランペット、全編に流れる♪アーアーアーアー…のボイスはあまりにも有名ですね。
そういえば、昨年『北の国から』の舞台である北海道富良野市の隣町、美瑛町を訪れた際、現地のペンションにてこの曲が流れていたのを覚えています。
隣町でも流れてるのですから、当地である富良野ではもっと沢山の場所で流れてるのでしょうねー。

以上、5曲を選んでみました。
うち3曲(「シルクロード幻想」と「悲しみの果て」をのぞく)は、オムニバス『決定盤!!「(Healing Sounds)大地の詩」ベスト』に収録されています。手ごろな値段(2057円)なうえ、全17曲とボリュームたっぷりの内容です。
興味のある方はぜひ聴いてみてください。

さぁ、今日もこれらの音楽で心と身体を癒すとするかぁ。

|

« 一応決着?ヤジ問題 | トップページ | 『なるようになるさ。』シリーズ2終了 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一応決着?ヤジ問題 | トップページ | 『なるようになるさ。』シリーズ2終了 »