« 【CM】千秋庵 山親爺 | トップページ | dynabookへ回帰 »

2014年9月13日 (土)

映画『フライト・ゲーム』鑑賞会

本日は毎月恒例の「映画の日」です。
今回の鑑賞映画は『フライト・ゲーム』。飛行機内で起こるテロを連邦保安官が阻止すべく奮闘するサスペンス映画です。
あらすじは以下の通りです。

ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機。その警備を任されている連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)のもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く。限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する。

(Yahoo!映画より抜粋)

飛行機を舞台とした映画は複数見てきましたが、これが一番サスペンス色が強いですねー。
ワークスと犯人の駆け引きは全てメールで、肉声がありません。それが却って緊迫感を高めているといっていいと思います。
とにかく誰が犯人なのかがわからず、終始落ち着きのないワークス(さらには悲しい過去やアルコール中毒がそれに拍車をかけています)。事件解決まで、ずっとこの状態が続きます。彼の苦悩が描かれる様もまたこの映画の見所と言えるでしょう。
本作はまさにノンストップ・アクション映画であります。ちなみにこの映画の原題は『NON-STOP』です。これを日本では『フライト・ゲーム』と改めたのは、内容をわかりやすくするためでしょうね。

本作を鑑賞した映画館は、TOHOシネマズなんば別館。普段はなんばマルイ7Fにある本館で鑑賞してますが、今回は別館でした。別館はもともと「敷島シネポップ」という名前で営業しており、TOHOシネマズなんばがオープンしてからは別館と改められました。
こちらの映画館、TOHOシネマズなんばとなんばパークスシネマがオープンするまでは、難波界隈の映画館にて最高峰の設備でした。数年ぶりに行ったのですが、前述の2つの映画館に慣れ親しんでしまった今となっては、「しょぼい映画館」と思ってしまいました。すいませんcoldsweats01

今回もひでき氏にお付き合い頂きました。
映画の後は、おいしい串カツに舌鼓を打ち、満足でした。
前回も食事は串カツでしたが、お店の対応が悪すぎたために満足できませんでした。今回は食事も満足できたのでよかったです。

次回もよろしくお願いいたします!

|

« 【CM】千秋庵 山親爺 | トップページ | dynabookへ回帰 »

洋画」カテゴリの記事

コメント

てつさん、また行きましょう。
よろしくです。

投稿: ヒデキ | 2014年9月15日 (月) 22時57分

>ひでさん
次の映画会は11月ですね。
またアクション映画を楽しみましょう。

投稿: てつ | 2014年9月16日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【CM】千秋庵 山親爺 | トップページ | dynabookへ回帰 »