« 続々再放送『地方記者・立花陽介』 | トップページ | 行ってきました:クリスチャン・ラッセン来日展2014 »

2014年11月 2日 (日)

【ゲーム】キン肉マン DIRTY CHALLENGER

定番の懐かしのゲームネタです。今回はこちら。

1992年にスーパーファミコン用ゲームソフトとして発売された『キン肉マン DIRTY CHALLENGER』です。
文字通り、『キン肉マン』が題材となっています。ストーリーは原作における「キン肉星王位争奪編」がベースとなっており、そのため登場キャラクターは「王位争奪編」のメインである主人公のキン肉マン+運命の5王子(キン肉マンスーパーフェニックス・キン肉マンゼブラ・キン肉マンソルジャー・キン肉マンマリポーサ、キン肉マンビッグボディ)の計6名です。
ゲームシステムは発売当時、主流となっていた対戦格闘ゲームです。他の格闘ゲームと違い、プロレス技が出てくるのが特徴です(というか、そもそも『キン肉マン』がプロレスを題材としてるので当然といえば当然ですがcoldsweats01)。
上記の動画は、キン肉マンとビッグボディの対戦の模様となっています。原作では全くいいところなしのビッグボディがキン肉マンに善戦しているのがいいですね。ビッグボディには申し訳ないけどsmile
発売当時、ゲームソフトを買ってプレイしました。『キン肉マン』のファンだけにかなり熱くなったものです。主に操作していたのは主人公のキン肉マンですが、それ以外のキャラクターも操作し、楽しんでいましたね。

私が『キン肉マン』のゲームソフトで実際にプレイした経験があるのは、本作を含めて計3作です。3作とも昔のゲームなので、現代のゲームのように、肉声が出てくることは一切ありませんでした。
最近の『キン肉マン』のゲームでは、テレビアニメ版の声優が各キャラクター達を演じています。これはファンにとって、嬉しいことこの上ないでしょう。
ああ、ゲーム機があれば、プレイしていたのに…。

以上、ゲームネタでした。

|

« 続々再放送『地方記者・立花陽介』 | トップページ | 行ってきました:クリスチャン・ラッセン来日展2014 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続々再放送『地方記者・立花陽介』 | トップページ | 行ってきました:クリスチャン・ラッセン来日展2014 »