« 竜爺・73回目の誕生日 | トップページ | 四つ橋線でオーバーラン発生 »

2014年11月 9日 (日)

児玉清からのラストメッセージ

先月、集英社文庫より刊行された『人生とは勇気 児玉清からあなたへラストメッセージ』。2011年に亡くなった俳優・児玉清さん最後の著書です。
12年に単行本として刊行され、そして先月に文庫化されたのです。書店で本書を見つけた時は、即座に「これは読んでおくべき!」と思いました。そして、昨日入手しました。
まだ1ページも読んでませんが、心に響くメッセージの数々が書かれていると容易に想像できます。

私が児玉さんの著書を読むのは、07年2月に新潮文庫より刊行された『寝ても覚めても本の虫』(こちらは残念ながらすでに絶版…)以来、2冊目となります。『寝ても覚めても…』が書評であったのに対し、『人生とは…』はインタビュー集やエッセイであり、直に児玉さんの思いが伝わるものであります。前述したように、こちらの方が心に響くでしょう。
本書を読み終えたら、次は同じく児玉さんの著書である『負けるのは美しく』(集英社文庫・08年3月刊行)を読みたいと思います。もう刊行から大分時間が経ってますので、早くしないと絶版になるかもしれないし。

考えてみると、児玉さんの逝去からもう3年半が経過しました。早いなーとしか言いようがないです。
司会を務めておられたテレビ番組『パネルクイズアタック25』(ABCテレビ)においても、完全に児玉さんの色が消えたような気がします。それも月日の流れによるものですね…。

|

« 竜爺・73回目の誕生日 | トップページ | 四つ橋線でオーバーラン発生 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竜爺・73回目の誕生日 | トップページ | 四つ橋線でオーバーラン発生 »